2017年03月04日

2017年03月03日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

2017年03月02日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

2017年02月26日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

「主が通り過ぎる時」アモス書5章16節から17節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「主が通り過ぎる時」です。聖書箇所はアモス書5章16節から17節です。携挙後の瞬間の地上での嘆きについてのお分ちです。24分程です。

いつもご視聴くださり、有り難うございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/2o2ixF7tXKo









下記に聖書箇所を載せます:

アモス書5章16節17節

それゆえ、主なる万軍の神、【主】は、こう仰せられる。「すべての広場に嘆きが起こり、すべての通りで、人々は『ああ、ああ』と言い、農夫を呼んで来て泣かせ、泣き方を知っている者たちを呼んで来て、嘆かせる。
すべてのぶどう畑に嘆きが起こる。それは、わたしがあなたがたの中を通り過ぎるからだ」と【主】は仰せられる。


申命記16章3節

それといっしょに、パン種を入れたものを食べてはならない。七日間は、それといっしょに種を入れないパン、悩みのパンを食べなければならない。あなたが急いでエジプトの国を出たからである。それは、あなたがエジプトの国から出た日を、あなたの一生の間、覚えているためである。


レビ記8章33節

また、あなたがたの任職の期間が終了する日までの七日間は、会見の天幕の入口から出てはならない。あなたがたを祭司職に任命するには七日を要するからである。


ホセア書9章11節から12節

エフライムの栄光は鳥のように飛び去り、もう産むことも、みごもることも、はらむこともない。
たとい彼らが子を育てても、わたしはひとり残らずその子を失わせる。わたしが彼らを離れるとき、まことに、彼らにわざわいが来る。


イザヤ書5章18節から20節

:18 私たちもみごもり、産みの苦しみをしましたが、それはあたかも、風を産んだようなものでした。私たちは救いを地にもたらさず、世界の住民はもう生まれません。
:19 あなたの死人は生き返り、私のなきがらはよみがえります。さめよ、喜び歌え。ちりに住む者よ。あなたの露は光の露。地は死者の霊を生き返らせます。
:20 さあ、わが民よ。あなたの部屋に入り、うしろの戸を閉じよ。憤りの過ぎるまで、ほんのしばらく、身を隠せ。
:21 見よ。【主】はご自分の住まいから出て来て、地に住む者の罪を罰せられるからだ。地はその上に流された血を現し、その上で殺された者たちを、もう、おおうことをしない。


第1テサロニケ5章1節から7節

兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。
眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。






神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html













posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

オネムのモーシェ君、御霊により見抜く?!

20170225ぎっちぎちの図?.jpg




20170225ね〜・・・.jpg




・・・をを!




私たちキリスト者もモーシェ君に負けじと・・・




すべてのことを聖霊様によって見極めて歩みましょう!





っつーことで!


ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ




20170225おねむねむ.jpg





20170225きゅるるん&おねむ.jpg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

2017年02月22日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

「もう十分」マルコ14章32節から42節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「もう十分」です。聖書箇所はマルコ14章32節から42節です。今週わたしが感じた祈りについてのお分ちです。20分程です。

いつもご視聴くださり、ありがとうございます。とても励みになっております。




https://youtu.be/IgCjI_2XtUI









下記に聖書箇所を載せます:

マルコ14章32節から42節


:32 ゲツセマネという所に来て、イエスは弟子たちに言われた。「わたしが祈る間、ここにすわっていなさい。」
:33 そして、ペテロ、ヤコブ、ヨハネをいっしょに連れて行かれた。イエスは深く恐れもだえ始められた。
:34 そして彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、目をさましていなさい。」
:35 それから、イエスは少し進んで行って、地面にひれ伏し、もしできることなら、この時が自分から過ぎ去るようにと祈り、
:36 またこう言われた。「アバ、父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください。」
:37 それから、イエスは戻って来て、彼らの眠っているのを見つけ、ペテロに言われた。「シモン。眠っているのか。一時間でも目をさましていることができなかったのか。
:38 誘惑に陥らないように、目をさまして、祈り続けなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」
:39 イエスは再び離れて行き、前と同じことばで祈られた。
:40 そして、また戻って来て、ご覧になると、彼らは眠っていた。ひどく眠けがさしていたのである。彼らは、イエスにどう言ってよいか、わからなかった。
:41 イエスは三度目に来て、彼らに言われた。「まだ眠って休んでいるのですか。もう十分です。時が来ました。見なさい。人の子は罪人たちの手に渡されます。
:42 立ちなさい。さあ、行くのです。見なさい。わたしを裏切る者が近づきました。」










神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

モトイ、モーシェ君からペロリンチョ受け取る!!!

ヨシュア記1章9節

わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、【主】が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。





そうです!そうなんです!




今週のワタクシは、大胆に振る舞ったのです!




こんなふうに・・・




20170218 て〜ぬき〜!.jpg




20170218 大胆にきりり&ペロリンチョ.jpg





ペロリンチョ頂きました!!!

(※鼻バンドを含め、本日のブログ内容に関する
一切のご質問には、お答え致しかねますので
悪しからずご了承下さい・・・。





皆さんも主イエスにあって大いに喜び・・・




使徒の時代に現れた
舌のような炎である・・・




聖霊のペロリンチョを求めて
大胆に祈って参りましょう!




っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ

聖霊のペロリンチョに関するメッセージを終え・・・
やり遂げた感の漂うモーシェ君をご覧下さい・・・




20170218 きゅるるん♪.jpg




posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

2017年02月13日のツイート








posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

「敵の地での戦い方」マタイ6章5節から13節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「敵の地での戦い方」です。聖書箇所はマタイ6章5節から13節です。地上での霊的戦いを主の祈りを通してお分ちしました。24分程です。

いつもご視聴くださり、ありがとうございます。とても感謝をしております。




https://youtu.be/1Mr3CujEq2U









下記に聖書箇所を載せます:

マタイ6章5節から8節

また、祈るときには、偽善者たちのようであってはいけません。彼らは、人に見られたくて会堂や通りの四つ角に立って祈るのが好きだからです。まことに、あなたがたに告げます。彼らはすでに自分の報いを受け取っているのです。
あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋に入りなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。
また、祈るとき、異邦人のように同じことばを、ただくり返してはいけません。彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。
だから、彼らのまねをしてはいけません。あなたがたの父なる神は、あなたがたがお願いする先に、あなたがたに必要なものを知っておられるからです。


マタイ6章9節から13節

だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。
御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。
私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕


エペソ6章10節から12節

終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。
悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。
私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。


ヤコブ4章7節

ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。


ヤコブ4章4節から8節

貞操のない人たち。世を愛することは神に敵することであることがわからないのですか。世の友となりたいと思ったら、その人は自分を神の敵としているのです。
それとも、「神は、私たちのうちに住まわせた御霊を、ねたむほどに慕っておられる」という聖書のことばが、無意味だと思うのですか。
しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」
ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。
神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。罪ある人たち。手を洗いきよめなさい。二心の人たち。心を清くしなさい。










神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

モトイ、モーシェ君の見張りにより助かる!

お早う御座います。
モトイです。皆さまご機嫌いかがでしょうか。




さて、今週はワタクシ・・・




モーシェ君の油断なき見張りに救われ、ハバクク書2章1節2節を思わされました!




ハバクク書2章1節2節

私は、見張り所に立ち、とりでにしかと立って見張り、主が私に何を語り、私の訴えに何と答えるかを見よう。
【主】は私に答えて言われた。幻を板の上に書いて確認せよ。これを読む者が急使として走るために。






私たちキリスト者もモーシェ君に負けじと見張りに立ち・・・




日本人の救いの為に祈り、役割を果たしてまいりましょう!





01じ〜.jpg




02記念撮影をば.jpg




03しるし出現宣言.jpg




04しるしデス!.jpg




05青春のしるし?不摂生のしるし?.jpg




そうです!そうなんです!!!

またしても、青春のしるしニキビが・・・
不摂生のしるし、吹き出物が現れたのです!!!



ちなみに・・・

前回、前々回のしるしにつきましては下記をご参照ください・・・
「しるし、現る!!!」
http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/416714078.html?1430450079
しるし、現る!!!その2
http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/418237967.html?1486538828




しかぁっし!
今回はモーシェ君による早期発見により・・・




見事なまでの治療法をも提供していただきました!!!




ご覧ください・・・




06ぐしぐしぐしぐし.jpg




07ぐしぐしぐしぐし.jpg




08ぐしぐしぐしぐし.jpg




09治りました!.jpg




皆さんもキリスト者として油断せずに見張って参りましょう!




感謝!




っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ




しあわせしあわせ.jpg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

2017年02月05日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

「眠っているキリスト者」雅歌5章2節から6節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「眠っているキリスト者」です。聖書箇所は雅歌5章2節から6節です。自戒を込めての祈りの励ましです。22分ほどです。

いつもご視聴くださり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/0bOHUopKkFM









下記に聖書箇所を載せます:

黙示録3章16節17節

このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。
あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。


雅歌5章2節

私は眠っていましたが、心はさめていました。戸をたたいている愛する方の声。「わが妹、わが愛する者よ。戸をあけておくれ。私の鳩よ。汚れのないものよ。私の頭は露にぬれ、髪の毛も夜のしずくでぬれている。」


雅歌5章3節からから6節

私は着物を脱いでしまった。どうしてまた、着られましょう。足も洗ってしまった。どうしてまた、よごせましょう。
私の愛する方が戸の穴から手を差し入れました。私の心は、あの方のために立ち騒ぎました。
私は起きて、私の愛する方のために戸をあけました。私の手から没薬が、私の指から没薬の液が、かんぬきの取っ手の上にしたたりました。
私が、愛する方のために戸をあけると、愛する方は、背を向けて去って行きました。あの方のことばで、私は気を失いました。私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。私が呼んでも、答えはありませんでした。


雅歌5章7節8節

町を行き巡る夜回りたちが私を見つけました。彼らは私を打ち、傷つけました。城壁を守る者たちも、私のかぶり物をはぎ取りました。
エルサレムの娘たち。誓ってください。あなたがたが私の愛する方を見つけたら、あの方に何と言ってくださるでしょう。私が愛に病んでいる、と言ってください。












神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ど〜んと!プレイヤーウォーク!

01ど〜ん!.jpg




02ど〜ん!2.jpg




03ど〜ん!3.jpg




04どやっ!.jpg




っと、いうわけで、ここはもう安全です!
お早うございます、皆様ご機嫌いかがでしょうか・・・。




今週、電車の都合で空き時間ができたので、去年オープンした北斎美術館に行ってまいりました。
(場所は東京都墨田区で、JR両国駅から歩いて15分ほどでした。)




05イザ!.jpg




展示場内での写真撮影も、いくつかの展示物を除いてフラッシュをたかなければOKとのこと・・・。




平日のお昼だったのですが、美術系の学生さんのような方からご老人まで・・・




結構な人でにぎわっていました・・・。




06.jpg





07年齢でたどれてGood!.jpg





ワタクシのお目当てはこちら!




動画の最後のシメでアップしているこれです・・・。




08神奈川沖浪裏.jpg




000 キリスト命 北斎 神奈川沖波裏 十字架-page-001 黒.jpg





展示の中にこの神奈川沖浪裏の版画制作の動画もありました・・・。




結構人だかりがしてて、なかなかシャッターチャンスがありませんでしたが、パシャッとね!




09.jpg





84才の北斎さんと娘の、創作作業中の動く人形なんかもあって面白かったです。




確かこの娘さんを描いたアニメだか映画も公開されたと思います・・・。




10なんだか親近感?.jpg




記念撮影も・・・




パシャッとね!




11.jpg





もっと時間をかけて回りたかったですが・・・




小一時間でもとても良い刺激になりました・・・。



企画展もあるみたいですので、また来たいです。




12.jpg




っつーことで、プレイヤーウォークの報告でした!




皆さんも王である祭司として、あらゆる場所で祈っていきましょう!
(念のために付け加えますが、主イエスの御名による祈りの歩行は
正真正銘の大まじめで、真剣に祈っております。)




最後にモーシェ君とのツーショット!




パシャッとね!




忍耐猫、祈り中.jpg





っという訳で皆しゃん・・・




また来週ぅ〜っと!

ふんがくっく!













posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

2017年02月01日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

「心を捧げるとは?」出エジプト記36章2節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「心を捧げるとは?」です。聖書箇所は出エジプト記36章2節です。先週とは別の角度から、神に心を捧げることについてお分かちしました。16分ほどです。

いつもご視聴くださり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




: https://youtu.be/vGwAQHg4eXs









下記に聖書箇所を載せます:

出エジプト記36章2節

モーセは、ベツァルエルとオホリアブ、および、【主】が知恵を授けられた、心に知恵のある者すべて、すなわち感動して、進み出てその仕事をしたいと思う者すべてを、呼び寄せた。


ルカ21章34節

あなたがたの心が、放蕩や深酒やこの世の煩いのために沈み込んでいるところに、その日がわなのように、突然あなたがたに臨むことのないように、よく気をつけていなさい。


第一ペテロ5章7節8節

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。



第一ペテロ5章6節

ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。









神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

神の前できゅるるんなモーシェ君の、目力訓戒・・・

お早う御座います。
モトイです。皆さまご機嫌いかがでしょうか。




さて寒い日が続いておりますが・・・




モーシェ君は相変わらずこたつ祈祷室で熱く祈っております・・・。




こんなふうに・・・




01きゅるるん♪.jpg





02にょっきしなでなで.jpg




03なでなで.jpg




04怒!.jpg




05ビーム!.jpg




さすが、聖書猫!




ワタクシ、またしても祈りのじゃまをしてしまいました・・・




ヘブル書12章7節

訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。





モーシェ君の愛のある訓戒により・・・
天の父の祈りに対する思いを受け取りました!!!



06参ったか!.jpg




私たちキリスト者も、すべてのことの中に神の声を聞き・・・




試練の中にも神の愛を感じて、祈りつつ乗り越えましょう!




07キメ!.jpg




っつーことである!!!

ふんがっくっく!









posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

2017年01月25日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

「捧げるか盗られるか」第一テサロニケ4章16節から18節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「捧げるか盗られるか」です。聖書箇所は第一テサロニケ4章16節から18節です。心の領域を神に捧げることについてのお分かちです。20分ほどです。

いつもご視聴くださり感謝します。とても励まされています。




https://youtu.be/jwHqce3HN5g









下記に聖書箇所を載せます:

第一テサロニケ4章16節から18節

すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、
それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。
だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。


テトス2章13節

祝福に満ちた望み、すなわち、大いなる神、わたしたちの救主キリスト・イエスの栄光の出現を待ち望むようにと、教えている。


マタイ13章18節19節

そこで、種まきの譬を聞きなさい。
だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。


詩篇139篇23節24節

神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思いを/知ってください。
わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。


出エジプト23章29節30節

しかし、わたしは彼らを一年のうちには、あなたの前から追い払わないであろう。土地が荒れすたれ、野の獣が増して、あなたを害することのないためである。
わたしは徐々に彼らをあなたの前から追い払うであろう。あなたは、ついにふえひろがって、この地を継ぐようになるであろう。













神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

じ〜っと、モーシェティーチング・・・

求めよ!マタイ7章7節実践中!.jpg





をを!

その思い、しかと受け取りました!





マタイ7章7節

求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。





祈りに関するモーシェティーチングが
お分かりになりましたでしょうか・・・。




私たちキリスト者もモーシェ君を見習って・・・・




主イエスの御名で激しく天の父に祈って参りましょう!




っつーことで!

ふんがくっく!










posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする