2019年07月21日

「疑いの目」第1サムエル記18章6節から12節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「疑いの目」です。聖書箇所は第1サムエル記18章6節から12節です。背教の時代の肉の危うさについてのお分かちです。23分ほどです。

いつもご視聴くださり、ありがとう御座います。とても励まされています。




https://youtu.be/133gTQtCH_A









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

第2ペテロ1章2節3節

:2 神と私たちの主イエスを知ることによって、恵みと平安が、あなたがたの上にますます豊かにされますように。
:3 というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです。


第1サムエル記18章6節から12節

:6 ダビデがあのペリシテ人を打って帰って来たとき、みなが戻ったが、女たちはイスラエルのすべての町々から出て来て、タンバリン、喜びの歌、三弦の琴をもって、歌い、喜び踊りながら、サウル王を迎えた。
:7 女たちは、笑いながら、くり返してこう歌った。「サウルは千を打ち、ダビデは万を打った。」
:8 サウルは、このことばを聞いて、非常に怒り、不満に思って言った。「ダビデには万を当て、私には千を当てた。彼にないのは王位だけだ。」
:9 その日以来、サウルはダビデを疑いの目で見るようになった。
:10 その翌日、わざわいをもたらす、神の霊がサウルに激しく下り、彼は家の中で狂いわめいた。ダビデは、いつものように、琴を手にしてひいたが、サウルの手には槍があった。
:11 サウルはその槍を投げつけた。ダビデを壁に突き刺してやろう、と思ったからである。しかしダビデは二度も身をかわした。
:12 サウルはダビデを恐れた。【主】はダビデとともにおられ、サウルのところから去られたからである。


第1ヨハネ3章15節

兄弟を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、だれでも人を殺す者のうちに、永遠のいのちがとどまっていることはないのです。


ユダ書17節から19節

:17 愛する人々よ。私たちの主イエス・キリストの使徒たちが、前もって語ったことばを思い起こしてください。
:18 彼らはあなたがたにこう言いました。「終わりの時には、自分の不敬虔な欲望のままにふるまう、あざける者どもが現れる。」
:19 この人たちは、御霊を持たず、分裂を起こし、生まれつきのままの人間です。


神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

「むち打たれるしもべ」ルカ12章41節から48節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「むち打たれるしもべ」です。聖書箇所はルカ12章41節から48節です。携挙直前の時代の祈りの姿勢についてのお分かちです。24分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/KKezaV7bxEU









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

第1ヨハネ2章27節

あなたがたの場合は、キリストから受けたそそぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、──その教えは真理であって偽りではありません──また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです。


ルカ12章41節から48節

:41 そこで、ペテロが言った。「主よ。このたとえは私たちのために話してくださるのですか。それともみなのためなのですか。」
:42 主は言われた。「では、主人から、その家のしもべたちを任されて、食事時には彼らに食べ物を与える忠実な賢い管理人とは、いったいだれでしょう。
:43 主人が帰って来たときに、そのようにしているのを見られるしもべは幸いです。
:44 わたしは真実をあなたがたに告げます。主人は彼に自分の全財産を任せるようになります。
:45 ところが、もし、そのしもべが、『主人の帰りはまだだ』と心の中で思い、下男や下女を打ちたたき、食べたり飲んだり、酒に酔ったりし始めると、
:46 しもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます。そして、彼をきびしく罰して、不忠実な者どもと同じめに会わせるに違いありません。
:47 主人の心を知りながら、その思いどおりに用意もせず、働きもしなかったしもべは、ひどくむち打たれます。
:48 しかし、知らずにいたために、むち打たれるようなことをしたしもべは、打たれても、少しで済みます。すべて、多く与えられた者は多く求められ、多く任された者は多く要求されます。


第1コリント3章10節11節

:10 与えられた神の恵みによって、私は賢い建築家のように、土台を据えました。そして、ほかの人がその上に家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。
:11 というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。


第1コリント3章12節から15節

:12 もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、
:13 各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。
:14 もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。
:15 もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。


第1ヨハネ2章27節28節

:27 あなたがたの場合は、キリストから受けたそそぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、──その教えは真理であって偽りではありません──また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです。
:28 そこで、子どもたちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、キリストが現れるとき、私たちが信頼を持ち、その来臨のときに、御前で恥じ入るということのないためです。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

「いまの暗闇とこれから来る暗闇」ヨハネ1章1節から5節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「いまの暗闇とこれから来る暗闇」です。聖書箇所はヨハネ1章1節から5節です。携挙の直前であるとされるいまの、キリスト者の祈りについてと、世の暗やみについてのお分かちです。24分ほどです。

いつもご視聴くださり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/JLzev10V1f0









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY


その他はAmazon著者ページにてご確認ください
https://amzn.to/2C6EDJM





下記に聖書箇所を載せます:

第1コリント5章4節から7節

:4 あなたがたが集まったときに、私も、霊においてともにおり、私たちの主イエスの権能をもって、
:5 このような者をサタンに引き渡したのです。それは彼の肉が滅ぼされるためですが、それによって彼の霊が主の日に救われるためです。
:6 あなたがたの高慢は、よくないことです。あなたがたは、ほんのわずかのパン種が、粉のかたまり全体をふくらませることを知らないのですか。
:7 新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。


ヨハネ1章1節から5節

:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
:2 この方は、初めに神とともにおられた。
:3 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
:4 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
:5 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

イザヤ書8章21節22節

:21 彼は、迫害され、飢えて、国を歩き回り、飢えて、怒りに身をゆだねる。上を仰いでは自分の王と神をのろう。
:22 地を見ると、見よ、苦難とやみ、苦悩の暗やみ、暗黒、追放された者。


イザヤ書59章9節から11節

:9 それゆえ、公義は私たちから遠ざかり、義は私たちに追いつかない。私たちは光を待ち望んだが、見よ、やみ。輝きを待ち望んだが、暗やみの中を歩む。
:10 私たちは盲人のように壁を手さぐりし、目のない者のように手さぐりする。真昼でも、たそがれ時のようにつまずき、やみの中にいる死人のようだ。
:11 私たちはみな、熊のようにほえ、鳩のようにうめきにうめく。公義を待ち望むが、それはなく、救いを待ち望むが、それは私たちから遠く離れている。

ゼカリヤ書11章15節16節

:15 【主】は私に仰せられた。「あなたは、もう一度、愚かな牧者の道具を取れ。
:16 見よ。わたしはひとりの牧者をこの地に起こすから。彼は迷い出たものを尋ねず、散らされたものを捜さず、傷ついたものをいやさず、飢えているものに食べ物を与えない。かえって肥えた獣の肉を食らい、そのひづめを裂く。


マルコ13章33節から37節

:33 気をつけなさい。目をさまし、注意していなさい。その定めの時がいつだか、あなたがたは知らないからです。
:34 それはちょうど、旅に立つ人が、出がけに、しもべたちにはそれぞれ仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目をさましているように言いつけるようなものです。
:35 だから、目をさましていなさい。家の主人がいつ帰って来るか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、わからないからです。
:36 主人が不意に帰って来たとき眠っているのを見られないようにしなさい。
:37 わたしがあなたがたに話していることは、すべての人に言っているのです。目をさましていなさい。」





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

「ふるい分けの時」ヨハネ6章66節から69節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「ふるい分けの時」です。聖書箇所はヨハネ6章66節から69節です。キリストの弟子が去って行った出来事から、いまの時代の背教について考えました。28分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/Rvk04jwMY_c









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY


その他はAmazon著者ページにてご確認ください
https://amzn.to/2C6EDJM





下記に聖書箇所を載せます:

ヨハネ14章27節

わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。


ヨハネ6章66節から69節

:66 こういうわけで、弟子たちのうちの多くの者が離れ去って行き、もはやイエスとともに歩かなかった。
:67 そこで、イエスは十二弟子に言われた。「まさか、あなたがたも離れたいと思うのではないでしょう。」
:68 すると、シモン・ペテロが答えた。「主よ。私たちがだれのところに行きましょう。あなたは、永遠のいのちのことばを持っておられます。
:69 私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」

黙示録3章11節

わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。


コロサイ2章18節19節

:18 あなたがたは、ことさらに自己卑下をしようとしたり、御使い礼拝をしようとする者に、ほうびをだまし取られてはなりません。彼らは幻を見たことに安住して、肉の思いによっていたずらに誇り、
:19 かしらに堅く結びつくことをしません。このかしらがもとになり、からだ全体は、関節と筋によって養われ、結び合わされて、神によって成長させられるのです。


マタイ6章6節

あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋に入りなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。






神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

「自分のための富」ルカ12章13節から21節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「自分のための富」です。聖書箇所はルカ12章13節から21節です。恵みの時代の終わりと、その時代の惑わしについてのお分かちです。24分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/FhLidWLq36c









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

ルカ12章13節から21節

:13 群衆の中のひとりが、「先生。私と遺産を分けるように私の兄弟に話してください」と言った。
:14 すると彼に言われた。「いったいだれが、わたしをあなたがたの裁判官や調停者に任命したのですか。」
:15 そして人々に言われた。「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」
:16 それから人々にたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作であった。
:17 そこで彼は、心の中でこう言いながら考えた。『どうしよう。作物をたくわえておく場所がない。』
:18 そして言った。『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。
:19 そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」』
:20 しかし神は彼に言われた。『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』
:21 自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」


第1テサロニケ5章3節

人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。


詩篇16編8節9節

:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。



神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

「マモンの支配」マタイ6章19節から24節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「マモンの支配」です。聖書箇所はマタイ6章19節から24節です。この世の惑わしのひとつである富の窓わしと、その行き着く先についてのお分かちです。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/BSb_d1XpqPs









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

詩篇16編8節9節

:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。


マタイ6章19節から24節

:19 自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。
:20 自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
:21 あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。
:22 からだのあかりは目です。それで、もしあなたの目が健全なら、あなたの全身が明るいが、
:23 もし、目が悪ければ、あなたの全身が暗いでしょう。それなら、もしあなたのうちの光が暗ければ、その暗さはどんなでしょう。
:24 だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。


第1列王記10章14節

一年間にソロモンのところに入って来た金の重さは、金の目方で六百六十六タラントであった。


黙示録13章16節から18節

:16 また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。
:17 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。
:18 ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。


ピリピ4章6節から8節

:6 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
:7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
:8 最後に、兄弟たち。すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

「悪い姦淫の時代」マタイ16章1節から4節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「悪い姦淫の時代」です。聖書箇所はマタイ16章1節から4節です。初臨の時の「悪い姦淫の時代」が、この背教の時代にも繰り返されていることを見て、同じく目立たずに祈る人々の姿も繰り返されているのだという、祈りの励ましのメッセージです。28分ほどです。

いつもご視聴下さりありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/EIayR3aXFcA









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です(kindle本と同じ内容です):

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

黙示録3章17節

あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。


マタイ16章1節から4節

:1 パリサイ人やサドカイ人たちがみそばに寄って来て、イエスをためそうとして、天からのしるしを見せてくださいと頼んだ。
:2 しかし、イエスは彼らに答えて言われた。「あなたがたは、夕方には、『夕焼けだから晴れる』と言うし、
:3 朝には、『朝焼けでどんよりしているから、きょうは荒れ模様だ』と言う。そんなによく、空模様の見分け方を知っていながら、なぜ時のしるしを見分けることができないのですか。
:4 悪い、姦淫の時代はしるしを求めています。しかし、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません。」そう言って、イエスは彼らを残して去って行かれた。


イザヤ書66章5節

主のことばにおののく者たちよ。【主】のことばを聞け。「あなたがたを憎み、わたしの名のためにあなたがたを押しのける、あなたがたの同胞は言った。『【主】に栄光を現させよ。そうすれば、あなたがたの楽しみを見てやろう。』しかし、彼らは恥を見る。」


ローマ書8章26節

御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。






神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 🌁| Comment(2) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

「光に来ない人々」ヨハネ3章16節から21節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「光に来ない人々」です。聖書箇所はヨハネ3章16節から21節です。背教の時代の注意点と、祈りの姿勢についてのお分かちです。27分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/O74fpwVmM8w









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です(kindle本と同じ内容です):

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

ヨハネ3章16節17節

:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
:17 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。


ヨハネ3章18節から21節

:18 御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。
:19 そのさばきというのは、こうである。光が世に来ているのに、人々は光よりもやみを愛した。その行いが悪かったからである。
:20 悪いことをする者は光を憎み、その行いが明るみに出されることを恐れて、光のほうに来ない。
:21 しかし、真理を行う者は、光のほうに来る。その行いが神にあってなされたことが明らかにされるためである。


ルカ21章34節35節

:34 あなたがたの心が、放蕩や深酒やこの世の煩いのために沈み込んでいるところに、その日がわなのように、突然あなたがたに臨むことのないように、よく気をつけていなさい。
:35 その日は、全地の表に住むすべての人に臨むからです。


第1テサロニケ5章4節から7節

:4 しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
:5 あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
:6 ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。
:7 眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

「ふたりの証人」黙示録11章3節から13節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「ふたりの証人」です。聖書箇所は黙示録11章3節から13節です。終末の預言者といまのキリスト者への励ましについてのお分かちです。28分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/05kpqGhU0iw









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です(kindle本と同じ内容です):

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

黙示録11章3節から13節

:3 それから、わたしがわたしのふたりの証人に許すと、彼らは荒布を着て千二百六十日の間預言する。」
:4 彼らは全地の主の御前にある二本のオリーブの木、また二つの燭台である。
:5 彼らに害を加えようとする者があれば、火が彼らの口から出て、敵を滅ぼし尽くす。彼らに害を加えようとする者があれば、必ずこのように殺される。
:6 この人たちは、預言をしている期間は雨が降らないように天を閉じる力を持っており、また、水を血に変え、そのうえ、思うままに、何度でも、あらゆる災害をもって地を打つ力を持っている。
:7 そして彼らがあかしを終えると、底知れぬ所から上って来る獣が、彼らと戦って勝ち、彼らを殺す。
:8 彼らの死体は、霊的な理解ではソドムやエジプトと呼ばれる大きな都の大通りにさらされる。彼らの主もその都で十字架につけられたのである。
:9 もろもろの民族、部族、国語、国民に属する人々が、三日半の間、彼らの死体をながめていて、その死体を墓に納めることを許さない。
:10 また地に住む人々は、彼らのことで喜び祝って、互いに贈り物を贈り合う。それは、このふたりの預言者が、地に住む人々を苦しめたからである。
:11 しかし、三日半の後、神から出たいのちの息が、彼らに入り、彼らが足で立ち上がったので、それを見ていた人々は非常な恐怖に襲われた。
:12 そのときふたりは、天から大きな声がして、「ここに上れ」と言うのを聞いた。そこで、彼らは雲に乗って天に上った。彼らの敵はそれを見た。
:13 そのとき、大地震が起こって、都の十分の一が倒れた。この地震のため七千人が死に、生き残った人々は、恐怖に満たされ、天の神をあがめた。


ゼカリヤ書4章6節

すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの【主】のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の【主】は仰せられる。

ゼカリヤ書4章1節から6節

:1 私と話していた御使いが戻って来て、私を呼びさましたので、私は眠りからさまされた人のようであった。
:2 彼は私に言った。「あなたは何を見ているのか。」そこで私は答えた。「私が見ますと、全体が金でできている一つの燭台があります。その上部には、鉢があり、その鉢の上には七つのともしび皿があり、この上部にあるともしび皿には、それぞれ七つの管がついています。
:3 また、そのそばには二本のオリーブの木があり、一本はこの鉢の右に、他の一本はその左にあります。」
:4 さらに私は、私と話していた御使いにこう言った。「主よ。これらは何ですか。」
:5 私と話していた御使いが答えて言った。「あなたは、これらが何か知らないのか。」私は言った。「主よ。知りません。」
:6 すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの【主】のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の【主】は仰せられる。


第2コリント3章16節から18節

:16 しかし、人が主に向くなら、そのおおいは取り除かれるのです。
:17 主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
:18 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 | Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

「終末の神殿」第2テサロニケ2章3節4節

お早うございます。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「終末の神殿」です。聖書箇所は第2テサロニケ2章3節4節です。第三神殿についてのうわさと事実を終末のしるしとしてとらえ、現代の神殿である私たちの役割について考えてみました。28分程です。

いつもご視聴くださりありがとうございます。とても励まされています。




https://youtu.be/IGYRZ997N2g










いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です(kindle本と同じ内容です):

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

第2テサロニケ2章3節4節

:3 だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないからです。
:4 彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。


ダニエル書9章27節

彼は一週の間、多くの者と堅い契約を結び、半週の間、いけにえとささげ物とをやめさせる。荒らす忌むべき者が翼に現れる。ついに、定められた絶滅が、荒らす者の上にふりかかる。」


黙示録13章15節

それから、その獣の像に息を吹き込んで、獣の像がもの言うことさえもできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。


第2テサロニケ2章3節から7節

:3 だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないからです。
:4 彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。
:5 私がまだあなたがたのところにいたとき、これらのことをよく話しておいたのを思い出しませんか。
:6 あなたがたが知っているとおり、彼がその定められた時に現れるようにと、いま引き止めているものがあるのです。
:7 不法の秘密はすでに働いています。しかし今は引き止める者があって、自分が取り除かれる時まで引き止めているのです。


ピリピ書3章20節21節

:20 けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。
:21 キリストは、万物をご自身に従わせることのできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じ姿に変えてくださるのです。







神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

「世の準備」第2テサロニケ2章7節8節

お早うございます。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「世の準備」です。聖書箇所は第2テサロニケ2章7節8節です。サタンが世の終りのために準備をしている、ということを聖書的に見て、私たちの準備についてふり返ってみました。27分程です。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/r_MW3GjUyuA









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ルカ21章36節

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」


第2テサロニケ2章7節8節

:7 不法の秘密はすでに働いています。しかし今は引き止める者があって、自分が取り除かれる時まで引き止めているのです。
:8 その時になると、不法の人が現れますが、主は御口の息をもって彼を殺し、来臨の輝きをもって滅ぼしてしまわれます。


第1テサロニケ5章3節

人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。


創世記19章14節

そこでロトは出て行き、娘たちをめとった婿たちに告げて言った。「立ってこの場所から出て行きなさい。【主】がこの町を滅ぼそうとしておられるから。」しかし、彼の婿たちには、それは冗談のように思われた。


ルカ21章34節から36節

:34 あなたがたの心が、放蕩や深酒やこの世の煩いのために沈み込んでいるところに、その日がわなのように、突然あなたがたに臨むことのないように、よく気をつけていなさい。
:35 その日は、全地の表に住むすべての人に臨むからです。
:36 しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(2) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

「神殿に満ちるもの」第2歴代誌7章8節9節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「神殿に満ちるもの」です。聖書箇所は第2歴代誌7章8節9節です。背教の時代のキリスト者が、その肉なる思いに引きずられているようすをみて、いまの祈りについて考えてみました。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/o6FRwqE0dM8









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ヘブル書12章22節

しかし、あなたがたは、シオンの山、生ける神の都、天にあるエルサレム、無数の御使いたちの大祝会に近づいているのです。


第2歴代誌7章8節9節

:8 ソロモンは、このとき、彼とともにいた全イスラエル、すなわち、レボ・ハマテからエジプト川に至るまでの大集団といっしょに、七日間の祭りを行った。
:9 彼らは第八日目にきよめの集会を開いた。七日間、祭壇の奉献を行い、七日間、祭りを行ったからである。


第2テモテ4章2節から4節

:2 みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。
:3 というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、
:4 真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。


アモス書8章1節から3節

:1 神である主は、私にこのように示された。そこに一かごの夏のくだものがあった。
:2 主は仰せられた。「アモス。何を見ているのか。」私が、「一かごの夏のくだものです」と言うと、【主】は私に仰せられた。「わたしの民イスラエルに、終わりが来た。わたしはもう二度と彼らを見過ごさない。
:3 その日には、神殿の歌声は泣きわめきとなる。──神である主の御告げ──多くのしかばねが、至る所に投げ捨てられる。口をつぐめ。」


ルカ21章36節

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」


ヘブル書12章22節

しかし、あなたがたは、シオンの山、生ける神の都、天にあるエルサレム、無数の御使いたちの大祝会に近づいているのです。






神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

「死体とはげたか」エレミヤ書25章32節から33節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「死体とはげたか」です。聖書箇所はエレミヤ書25章32節から33節です。携挙後の混乱をみながら、今の時代について、とりわけ背教のようすについて考え、キリスト者としての役割をふり返りました。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/yn5JbqMNi2E









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ルカ21章36節

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」


ルカ17章34節から37節

:34 あなたがたに言うが、その夜、同じ寝台でふたりの人が寝ていると、ひとりは取られ、他のひとりは残されます。
:35 女がふたりいっしょに臼をひいていると、ひとりは取られ、他のひとりは残されます。」
:37 弟子たちは答えて言った。「主よ。どこでですか。」主は言われた。「死体のある所、そこに、はげたかも集まります。」


エレミヤ書25章32節から33節

:32 万軍の【主】はこう仰せられる。見よ。わざわいが国から国へと移り行き、大暴風が地の果てから起こる。
:33 その日、【主】に殺される者が地の果てから地の果てまでに及び、彼らはいたみ悲しまれることなく、集められることなく、葬られることもなく、地面の肥やしとなる。』」


マタイ8章21節22節

:21 また、別のひとりの弟子がイエスにこう言った。「主よ。まず行って、私の父を葬ることを許してください。」
:22 ところが、イエスは彼に言われた。「わたしについて来なさい。死人たちに彼らの中の死人たちを葬らせなさい。」


第2テモテ4章3節4節

:3 というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、
:4 真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。


第2コリント3章16節から18節

:16 しかし、人が主に向くなら、そのおおいは取り除かれるのです。
:17 主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
:18 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

「天での過ぎ越しと悩みのパン」ルカ22章14節から16節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「天での過ぎ越しと悩みのパン」です。聖書箇所はルカ22章14節から16節です。携挙後の天と地の情景についてのお分かちです。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/-FekKIl0-dE









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ルカ21章36節

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」


ルカ22章14節から16節

2:14 さて時間になって、イエスは食卓に着かれ、使徒たちもイエスといっしょに席に着いた。
:15 イエスは言われた。「わたしは、苦しみを受ける前に、あなたがたといっしょに、この過越の食事をすることをどんなに望んでいたことか。
:16 あなたがたに言いますが、過越が神の国において成就するまでは、わたしはもはや二度と過越の食事をすることはありません。」


申命記16章2節3節

:2 【主】が御名を住まわせるために選ぶ場所で、羊と牛を過越のいけにえとしてあなたの神、【主】にささげなさい。
:3 それといっしょに、パン種を入れたものを食べてはならない。七日間は、それといっしょに種を入れないパン、悩みのパンを食べなければならない。あなたが急いでエジプトの国を出たからである。それは、あなたがエジプトの国から出た日を、あなたの一生の間、覚えているためである。


マラキ書3章17節18節

:17 「彼らは、わたしのものとなる。──万軍の【主】は仰せられる──わたしが事を行う日に、わたしの宝となる。人が自分に仕える子をあわれむように、わたしは彼らをあわれむ。
:18 あなたがたは再び、正しい人と悪者、神に仕える者と仕えない者との違いを見るようになる。


エレミヤ書23章19節20節

:19 見よ。【主】の暴風、──憤り。──うずを巻く暴風が起こり、悪者の頭上にうずを巻く。
:20 【主】の怒りは、御心の思うところを行って、成し遂げるまで去ることはない。終わりの日に、あなたがたはそれを明らかに悟ろう。


黙示録6章15節から17節

:15 地上の王、高官、千人隊長、金持ち、勇者、あらゆる奴隷と自由人が、ほら穴と山の岩間に隠れ、
:16 山や岩に向かってこう言った。「私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と小羊の怒りとから、私たちをかくまってくれ。
:17 御怒りの大いなる日が来たのだ。だれがそれに耐えられよう。」


ルカ21章36節

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

「今と永遠」伝道者の書3章11節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「今と永遠」です。聖書箇所は伝道者の書3章11節です。この世を支配している悪魔悪霊の惑わしと、神が与えた「永遠への思い」についてのお分かちです。24分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/haPIKQyD9PM










下記のKindle本が来週火曜17時まで無料!









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ローマ書8章18節

今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。


ローマ書8章16節17節

:16 私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。
:17 もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。


伝道者の書3章11節

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。


ユダ書24節25節

:24 あなたがたを、つまずかないように守ることができ、傷のない者として、大きな喜びをもって栄光の御前に立たせることのできる方に、
:25 すなわち、私たちの救い主である唯一の神に、栄光、尊厳、支配、権威が、私たちの主イエス・キリストを通して、永遠の先にも、今も、また世々限りなくありますように。アーメン。

ローマ書8章16節から18節

:16 私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。
:17 もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。
:18 今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

「日常の惑わし」ルカ14章15節から24節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「日常の惑わし」です。聖書箇所はルカ14章15節から24節です。背教の時代の惑わしを、日常の生活という側面からお分かちしました。26分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/Rwat4shX_WA









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ルカ14章15節から24節

:15 イエスといっしょに食卓に着いていた客のひとりはこれを聞いて、イエスに、「神の国で食事する人は、何と幸いなことでしょう」と言った。
:16 するとイエスはこう言われた。「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。
:17 宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。もうすっかり、用意ができましたから』と言わせた。
:18 ところが、みな同じように断り始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断りさせていただきます。』
:19 もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断りさせていただきます。』
:20 また、別の人はこう言った。『結婚したので、行くことができません。』
:21 しもべは帰って、このことを主人に報告した。すると、おこった主人は、そのしもべに言った。『急いで町の大通りや路地に出て行って、貧しい者や、からだの不自由な者や、盲人や、足のなえた者たちをここに連れて来なさい。』
:22 しもべは言った。『ご主人さま。仰せのとおりにいたしました。でも、まだ席があります。』
:23 主人は言った。『街道や垣根のところに出かけて行って、この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい。
:24 言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は、ひとりもいないのです。』」


ルカ21章34節

あなたがたの心が、放蕩や深酒やこの世の煩いのために沈み込んでいるところに、その日がわなのように、突然あなたがたに臨むことのないように、よく気をつけていなさい。


第1ペテロ5章7節

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。


第1ペテロ5章7節8節

:7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
:8 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

「いちじくを見て学ぶ」マタイ24章32節から44節

おはようございます。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「いちじくを見て学ぶ」です。聖書箇所はマタイ24章32節から44節です。季節を知り祈ることについてのお分ちです。27分程です。

いつもご視聴下さりありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/HrKYC2DEmuM









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

マタイ24章32節から35節

:32 いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。
:33 そのように、これらのことのすべてを見たら、あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。
:34 まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。
:35 この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。


詩篇90篇10節

私たちの齢は七十年。健やかであっても八十年。しかも、その誇りとするところは労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。


マタイ24章36節から44節

:36 ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。
:37 人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。
:38 洪水前の日々は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。
:39 そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。
:40 そのとき、畑にふたりいると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。
:41 ふたりの女が臼をひいていると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。
:42 だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。
:43 しかし、このことは知っておきなさい。家の主人は、どろぼうが夜の何時に来ると知っていたら、目を見張っていたでしょうし、また、おめおめと自分の家に押し入られはしなかったでしょう。
:44 だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。







神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

「いま奮い立つ必要」第2ペテロ3章1節から7節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「いま奮い立つ必要」です。聖書箇所は第2ペテロ3章1節から7節です。いま奮い立てる恵みと、奮い立てない神の民の背教のようすについて、お分かち致しました。28分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/XEW85cUqmc4









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

第2ペテロ3章1節2節

:1 愛する人たち。いま私がこの第二の手紙をあなたがたに書き送るのは、これらの手紙により、記憶を呼びさまさせて、あなたがたの純真な心を奮い立たせるためなのです。
:2 それは、聖なる預言者たちによって前もって語られたみことばと、あなたがたの使徒たちが語った、主であり救い主である方の命令とを思い起こさせるためなのです。


第2ペテロ3章3節から7節

:3 まず第一に、次のことを知っておきなさい。終わりの日に、あざける者どもがやって来てあざけり、自分たちの欲望に従って生活し、
:4 次のように言うでしょう。「キリストの来臨の約束はどこにあるのか。父祖たちが眠った時からこのかた、何事も創造の初めからのままではないか。」
:5 こう言い張る彼らは、次のことを見落としています。すなわち、天は古い昔からあり、地は神のことばによって水から出て、水によって成ったのであって、
:6 当時の世界は、その水により、洪水におおわれて滅びました。
:7 しかし、今の天と地は、同じみことばによって、火に焼かれるためにとっておかれ、不敬虔な者どものさばきと滅びとの日まで、保たれているのです。


イザヤ書66章5節

主のことばにおののく者たちよ。【主】のことばを聞け。「あなたがたを憎み、わたしの名のためにあなたがたを押しのける、あなたがたの同胞は言った。『【主】に栄光を現させよ。そうすれば、あなたがたの楽しみを見てやろう。』しかし、彼らは恥を見る。」


イザヤ書5章18節から20節

:18 ああ。うそを綱として咎を引き寄せ、車の手綱でするように、罪を引き寄せている者たち。
:19 彼らは言う。「彼のすることを早くせよ。急がせよ。それを見たいものだ。イスラエルの聖なる方のはかりごとが、近づけばよい。それを知りたいものだ」と。
:20 ああ。悪を善、善を悪と言っている者たち。彼らはやみを光、光をやみとし、苦みを甘み、甘みを苦みとしている。


哀歌3章41節

私たちの手をも心をも天におられる神に向けて上げよう。


ローマ書8章28節

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

「時を知らない人」伝道者の書9章11節12節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「時を知らない人」です。聖書箇所は伝道者の書9章11節12節です。しるしを見ない人の有り様と、その彼らをしるしとして時を悟る私たちについてのお分かちです。27分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/EVuvmC5NyFw









下記のキンドル本は月19日火曜日16時まで無料です。










下記の値段が正価で、いまは0円です( ^O^)ノ








いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

第1テサロニケ5章3節から7節

:3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
:4 しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
:5 あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
:6 ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。
:7 眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。


伝道者の書9章11節12節

:11 私は再び、日の下を見たが、競走は足の早い人のものではなく、戦いは勇士のものではなく、またパンは知恵ある人のものではなく、また富は悟りのある人のものではなく、愛顧は知識のある人のものではないことがわかった。すべての人が時と機会に出会うからだ。
:12 しかも、人は自分の時を知らない。悪い網にかかった魚のように、わなにかかった鳥のように、人の子らもまた、わざわいの時が突然彼らを襲うと、それにかかってしまう。


マラキ書3章16節から18節

:16 そのとき、【主】を恐れる者たちが、互いに語り合った。【主】は耳を傾けて、これを聞かれた。【主】を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、主の前で、記憶の書がしるされた。
:17 「彼らは、わたしのものとなる。──万軍の【主】は仰せられる──わたしが事を行う日に、わたしの宝となる。人が自分に仕える子をあわれむように、わたしは彼らをあわれむ。
:18 あなたがたは再び、正しい人と悪者、神に仕える者と仕えない者との違いを見るようになる。


第2コリント10章3節4節

:3 私たちは肉にあって歩んではいても、肉に従って戦ってはいません。
:4 私たちの戦いの武器は、肉の物ではなく、神の御前で、要塞をも破るほどに力のあるものです。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

「時を知った人」創世記18章16節から22節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「時を知った人」です。聖書箇所は創世記18章16節から22節です。いまのこの時代にあるキリスト者の祈りについて、とりわけうめくような祈りの役割についてお分かちしました。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/a4n8qMDNz5I









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ローマ書13章11節

あなたがたは、今がどのような時か知っているのですから、このように行いなさい。あなたがたが眠りからさめるべき時刻がもう来ています。というのは、私たちが信じたころよりも、今は救いが私たちにもっと近づいているからです。


創世記18章16節から18節

:16 その人たちは、そこを立って、ソドムを見おろすほうへ上って行った。アブラハムも彼らを見送るために、彼らといっしょに歩いていた。
:17 【主】はこう考えられた。「わたしがしようとしていることを、アブラハムに隠しておくべきだろうか。
:18 アブラハムは必ず大いなる強い国民となり、地のすべての国々は、彼によって祝福される。
:19 わたしが彼を選び出したのは、彼がその子らと、彼の後の家族とに命じて【主】の道を守らせ、正義と公正とを行わせるため、【主】が、アブラハムについて約束したことを、彼の上に成就するためである。」
:20 そこで【主】は仰せられた。「ソドムとゴモラの叫びは非常に大きく、また彼らの罪はきわめて重い。
:21 わたしは下って行って、わたしに届いた叫びどおりに、彼らが実際に行っているかどうかを見よう。わたしは知りたいのだ。」
:22 その人たちはそこからソドムのほうへと進んで行った。アブラハムはまだ、【主】の前に立っていた。


伝道者の書11章4節から6節

:4 風を警戒している人は種を蒔かない。雲を見ている者は刈り入れをしない。

:5 あなたは妊婦の胎内の骨々のことと同様、風の道がどのようなものかを知らない。そのように、あなたはいっさいを行われる神のみわざを知らない。
:6 朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。あなたは、あれか、これか、どこで成功するのか、知らないからだ。二つとも同じようにうまくいくかもわからない。


ローマ書8章26節

御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする