2019年06月23日

「自分のための富」ルカ12章13節から21節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「自分のための富」です。聖書箇所はルカ12章13節から21節です。恵みの時代の終わりと、その時代の惑わしについてのお分かちです。24分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/FhLidWLq36c









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY





下記に聖書箇所を載せます:

ルカ12章13節から21節

:13 群衆の中のひとりが、「先生。私と遺産を分けるように私の兄弟に話してください」と言った。
:14 すると彼に言われた。「いったいだれが、わたしをあなたがたの裁判官や調停者に任命したのですか。」
:15 そして人々に言われた。「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」
:16 それから人々にたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作であった。
:17 そこで彼は、心の中でこう言いながら考えた。『どうしよう。作物をたくわえておく場所がない。』
:18 そして言った。『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。
:19 そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」』
:20 しかし神は彼に言われた。『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』
:21 自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」


第1テサロニケ5章3節

人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。


詩篇16編8節9節

:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。



神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。