2018年02月11日

「人の子の日々」ルカ17章22節から27節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「人の子の日々」です。聖書箇所はルカ17章22節から27節です。ノアの日・ロトの日が、人の子の日々であること、そして携挙後の人々の飢え渇きについてお分ちしました。22分程です。

いつもご視聴くださり、有り難うございます。とても励みとなっております。




https://youtu.be/rZl7fO0zCNg








いつでも無料配本!






下記に聖書箇所を載せます:

ルカ17章26節27節

:26 人の子の日に起こることは、ちょうど、ノアの日に起こったことと同様です。
:27 ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、食べたり、飲んだり、めとったり、とついだりしていたが、洪水が来て、すべての人を滅ぼしてしまいました。


ルカ17章22節から26節

:22 イエスは弟子たちに言われた。「人の子の日を一日でも見たいと願っても、見られない時が来ます。
:23 人々が『こちらだ』とか、『あちらだ』とか言っても行ってはなりません。あとを追いかけてはなりません。
:24 いなずまが、ひらめいて、天の端から天の端へと輝くように、人の子は、人の子の日には、ちょうどそのようであるからです。
:25 しかし、人の子はまず、多くの苦しみを受け、この時代に捨てられなければなりません。
:26 人の子の日に起こることは、ちょうど、ノアの日に起こったことと同様です。


アモス書8章11節12節

:11 見よ。その日が来る。──神である主の御告げ──その日、わたしは、この地にききんを送る。パンのききんではない。水に渇くのでもない。実に、【主】のことばを聞くことのききんである。
:12 彼らは海から海へとさまよい歩き、北から東へと、【主】のことばを捜し求めて、行き巡る。しかしこれを見いだせない。


第2ペテロ3章10節から12節

:10 しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。
:11 このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。
3:12 そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。


ハバクク書2章3節

この幻は、定めの時について証言しており、終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html









posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。