2017年07月23日

「生まれつきのままの人間」ヨハネ4章39節から42節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「生まれつきのままの人間」です。聖書箇所はヨハネ4章39節から42節です。世の終わりに現れるあざける人々を通して、キリスト者の成長を反面教師的に見ていきます。24分ほどです。

いつもご視聴下さり有り難う御座います。とても励まされています。




https://youtu.be/7_hq9QHMDqU









下記に聖書箇所を載せます:

ヨハネ4章39節から42節

:39 さて、その町のサマリヤ人のうち多くの者が、「あの方は、私がしたこと全部を私に言った」と証言したその女のことばによってイエスを信じた。
:40 そこで、サマリヤ人たちはイエスのところに来たとき、自分たちのところに滞在してくださるように願った。そこでイエスは二日間そこに滞在された。
:41 そして、さらに多くの人々が、イエスのことばによって信じた。
:42 そして彼らはその女に言った。「もう私たちは、あなたが話したことによって信じているのではありません。自分で聞いて、この方がほんとうに世の救い主だと知っているのです。」


ユダ書18節19節

:18 彼らはあなたがたにこう言いました。「終わりの時には、自分の不敬虔な欲望のままにふるまう、あざける者どもが現れる。」
:19 この人たちは、御霊を持たず、分裂を起こし、生まれつきのままの人間です。


ローマ書3章13節14節

:13 「彼らののどは、開いた墓であり、彼らはその舌で欺く。」「彼らのくちびるの下には、まむしの毒があり、」
:14 「彼らの口は、のろいと苦さで満ちている。」


イザヤ書50章4節から6節

:4 神である主は、私に弟子の舌を与え、疲れた者をことばで励ますことを教え、朝ごとに、私を呼びさまし、私の耳を開かせて、私が弟子のように聞くようにされる。
:5 神である主は、私の耳を開かれた。私は逆らわず、うしろに退きもせず、
:6 打つ者に私の背中をまかせ、ひげを抜く者に私の頬をまかせ、侮辱されても、つばきをかけられても、私の顔を隠さなかった。


第2コリント3章18節

私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。










神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック