2017年07月16日

「全世界のうめき」ローマ書8章18節から25節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「全世界のうめき」です。聖書箇所はローマ書8章18節から25節です。先週取り扱った被造物のうめきについて、もうすこし詳しくお話ししました。30分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/GY5SG4i1kVc









下記に聖書箇所を載せます:

ローマ書8章18節

:18 今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。


ローマ書8章19節から21節

:19 被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいるのです。
:20 それは、被造物が虚無に服したのが自分の意志ではなく、服従させた方によるのであって、望みがあるからです。
:21 被造物自体も、滅びの束縛から解放され、神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。


ローマ書8章22節23節

:22 私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。
:23 そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、心の中でうめきながら、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。

ローマ書8章24節25節

:24 私たちは、この望みによって救われているのです。目に見える望みは、望みではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。
:25 もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。


詩篇56篇8節9節

:8 あなたは、私のさすらいをしるしておられます。どうか私の涙を、あなたの皮袋にたくわえてください。それはあなたの書には、ないのでしょうか。
:9 それで、私が呼ばわる日に、私の敵は退きます。神が私の味方であることを私は知っています。

詩篇126篇5節

涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。


黙示録5章8節

彼が巻き物を受け取ったとき、四つの生き物と二十四人の長老は、おのおの、立琴と、香のいっぱい入った金の鉢とを持って、小羊の前にひれ伏した。この香は聖徒たちの祈りである。


テトス2章13節

祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現れを待ち望むようにと教えさとしたからです。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、今日の本日の説教は素晴らしい。祈ることがどんなに励みになることでしょう。どんどん聖霊様にうめいて祈っていきたいです。苦しみを祈りにおいて捧げることがこんなに意味あることがあるとは。
Posted by sawaguchi at 2017年07月16日 12:09
sawaguchiさん、いらっしゃい(^^)
ご視聴有り難う御座います。

ますます祈り、ますます神を知って、天に汗疹涙も祈りも積み上げていきたいですね♪

お分ち感謝です♪

主イエスの栄光、ハレルヤ!
\(^o^)/
Posted by モトイ at 2017年07月16日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック