2017年03月26日

「祈ってゆだねるとは」マタイ21章18節から22節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「祈ってゆだねるとは」です。聖書箇所は、マタイ21章18節から22節です。祈ったあと神がどうなさるのかを、私の祈りの証しと共にお話しいたしました。24分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/UQkoOukmunQ









下記に聖書箇所を載せます:

マタイ22章18節から22節

:18 翌朝、イエスは都に帰る途中、空腹を覚えられた。
:19 道ばたにいちじくの木が見えたので、近づいて行かれたが、葉のほかは何もないのに気づかれた。それで、イエスはその木に「おまえの実は、もういつまでも、ならないように」と言われた。すると、たちまちいちじくの木は枯れた。
:20 弟子たちは、これを見て、驚いて言った。「どうして、こうすぐにいちじくの木が枯れたのでしょうか。」
:21 イエスは答えて言われた。「まことに、あなたがたに告げます。もし、あなたがたが、信仰を持ち、疑うことがなければ、いちじくの木になされたようなことができるだけでなく、たとい、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言っても、そのとおりになります。
:22 あなたがたが信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。」


詩篇55篇22節

あなたの重荷を【主】にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。

第1ペテロ5章7節8節

:7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
:8 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。






神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448364942

この記事へのトラックバック