2017年02月26日

「主が通り過ぎる時」アモス書5章16節から17節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「主が通り過ぎる時」です。聖書箇所はアモス書5章16節から17節です。携挙後の瞬間の地上での嘆きについてのお分ちです。24分程です。

いつもご視聴くださり、有り難うございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/2o2ixF7tXKo









下記に聖書箇所を載せます:

アモス書5章16節17節

それゆえ、主なる万軍の神、【主】は、こう仰せられる。「すべての広場に嘆きが起こり、すべての通りで、人々は『ああ、ああ』と言い、農夫を呼んで来て泣かせ、泣き方を知っている者たちを呼んで来て、嘆かせる。
すべてのぶどう畑に嘆きが起こる。それは、わたしがあなたがたの中を通り過ぎるからだ」と【主】は仰せられる。


申命記16章3節

それといっしょに、パン種を入れたものを食べてはならない。七日間は、それといっしょに種を入れないパン、悩みのパンを食べなければならない。あなたが急いでエジプトの国を出たからである。それは、あなたがエジプトの国から出た日を、あなたの一生の間、覚えているためである。


レビ記8章33節

また、あなたがたの任職の期間が終了する日までの七日間は、会見の天幕の入口から出てはならない。あなたがたを祭司職に任命するには七日を要するからである。


ホセア書9章11節から12節

エフライムの栄光は鳥のように飛び去り、もう産むことも、みごもることも、はらむこともない。
たとい彼らが子を育てても、わたしはひとり残らずその子を失わせる。わたしが彼らを離れるとき、まことに、彼らにわざわいが来る。


イザヤ書5章18節から20節

:18 私たちもみごもり、産みの苦しみをしましたが、それはあたかも、風を産んだようなものでした。私たちは救いを地にもたらさず、世界の住民はもう生まれません。
:19 あなたの死人は生き返り、私のなきがらはよみがえります。さめよ、喜び歌え。ちりに住む者よ。あなたの露は光の露。地は死者の霊を生き返らせます。
:20 さあ、わが民よ。あなたの部屋に入り、うしろの戸を閉じよ。憤りの過ぎるまで、ほんのしばらく、身を隠せ。
:21 見よ。【主】はご自分の住まいから出て来て、地に住む者の罪を罰せられるからだ。地はその上に流された血を現し、その上で殺された者たちを、もう、おおうことをしない。


第1テサロニケ5章1節から7節

兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。
眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。






神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html













posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは! いつもメッセージ感謝します。
「主の日を待ち望むもの」の所での解説が少し良く分からなかったです。

反キリストとか666とか知りたがっていると、願いがかなって
レフトビハインドされるということかな・・・なんて思わされたり・・

とりあえずイエス様をわが喜びとしていたい毎日です。
Posted by るこ at 2017年03月01日 17:58
るこさん、いらっしゃい(^o^)/

「主の日」に注目するあまり、「主ご自身から目をそらす」という意味です(^_-)-☆

反キリストとか、666とか知りたがることは問題はないですが、主ご自身との交わりよりも期待したら、危ういかも?(^^;)

敵の惑わしは巧妙ですので、いつも主ご自身との交わりを絶やさない!これですよね♪(^O^)−☆♪

主イエスの栄光、ハレルヤ!
\(^o^)/
Posted by モトイ at 2017年03月01日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447343900

この記事へのトラックバック