2017年02月05日

「眠っているキリスト者」雅歌5章2節から6節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「眠っているキリスト者」です。聖書箇所は雅歌5章2節から6節です。自戒を込めての祈りの励ましです。22分ほどです。

いつもご視聴くださり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/0bOHUopKkFM









下記に聖書箇所を載せます:

黙示録3章16節17節

このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。
あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。


雅歌5章2節

私は眠っていましたが、心はさめていました。戸をたたいている愛する方の声。「わが妹、わが愛する者よ。戸をあけておくれ。私の鳩よ。汚れのないものよ。私の頭は露にぬれ、髪の毛も夜のしずくでぬれている。」


雅歌5章3節からから6節

私は着物を脱いでしまった。どうしてまた、着られましょう。足も洗ってしまった。どうしてまた、よごせましょう。
私の愛する方が戸の穴から手を差し入れました。私の心は、あの方のために立ち騒ぎました。
私は起きて、私の愛する方のために戸をあけました。私の手から没薬が、私の指から没薬の液が、かんぬきの取っ手の上にしたたりました。
私が、愛する方のために戸をあけると、愛する方は、背を向けて去って行きました。あの方のことばで、私は気を失いました。私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。私が呼んでも、答えはありませんでした。


雅歌5章7節8節

町を行き巡る夜回りたちが私を見つけました。彼らは私を打ち、傷つけました。城壁を守る者たちも、私のかぶり物をはぎ取りました。
エルサレムの娘たち。誓ってください。あなたがたが私の愛する方を見つけたら、あの方に何と言ってくださるでしょう。私が愛に病んでいる、と言ってください。












神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^^)

雅歌5章3節のおはなし、目からうろこでした。

「着物を脱いでしまった…」のところで、なんとなくイエス・キリストを着なさいというローマ13章14節のみことばがひっかかっていたのですが…。

雅歌を読んでいて、なぜ物悲しい話が入っているのかなと思っていましたけれど…。

毎週、恵みのお分かちをありがとうございます(^^)

Posted by ☆Cornelius ('-^*)/☆ at 2017年02月06日 01:09
Corneliusさん、いらっしゃい(^^)/

なるほど!キリストを着るきっかけでもあったのに逃してしまった訳ですね・・・。それに、外で戸をたたくというのも、キリストを招き入れない事にもつながり、多くの語りかけをかんじます・・・。

やっぱり聖書ってすごい!ですよね(^_−)−☆
っと言うか、神様がすごい!ですね(^^)b

お分かち、有り難う御座います♪

主イエスの栄光、ハレルヤ!
\(^O^)/
Posted by モトイ at 2017年02月06日 04:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446652576

この記事へのトラックバック