2019年01月23日

2019年01月22日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

2019年01月20日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

「終末の準備」ゼパニヤ書2章1節2節

お早うございます。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「終末の準備」です。聖書箇所はゼパニヤ書2章1節2節です。神様の計画の中でのイスラエル問題と、背教のしるし、しるしとしての陣痛についてお分ちしました。24分程です。

いつもご視聴下さり、有り難うございます。とても励みとなっております。




https://youtu.be/bpBsPOHOKa4









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

ゼパニヤ書2章1節2節

:1 恥知らずの国民よ。こぞって集まれ、集まれ。
:2 昼間、吹き散らされるもみがらのように、あなたがたがならないうちに。【主】の燃える怒りが、まだあなたがたを襲わないうちに。【主】の怒りの日が、まだあなたがたを襲わないうちに。


イザヤ書66章6節から8節

:6 聞け。町からの騒ぎ、宮からの声、敵に報復しておられる【主】の御声を。
:7 彼女は産みの苦しみをする前に産み、陣痛の起こる前に男の子を産み落とした。
:8 だれが、このような事を聞き、だれが、これらの事を見たか。地は一日の陣痛で産み出されようか。国は一瞬にして生まれようか。ところがシオンは、陣痛を起こすと同時に子らを産んだのだ。


第1テサロニケ5章1節から3節

:1 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
:2 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
:3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。


イザヤ書66章5節

主のことばにおののく者たちよ。【主】のことばを聞け。「あなたがたを憎み、わたしの名のためにあなたがたを押しのける、あなたがたの同胞は言った。『【主】に栄光を現させよ。そうすれば、あなたがたの楽しみを見てやろう。』しかし、彼らは恥を見る。」


第2ペテロ1章19節

また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

にゃんという・・・(詩篇133篇より)

20190119 01.jpg
鼻バンドはもはやデフォルト・・・。




20190119 02.jpg




さすが、聖書猫!





モーシェ君は言葉にならない表現によって・・・




兄弟たちの住まう幸せを表現しています!!!





詩篇133篇1節から3節

見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。それは頭の上にそそがれたとうとい油のようだ。それはひげに、アロンのひげに流れてその衣のえりにまで流れしたたる。それはまたシオンの山々におりるヘルモンの露にも似ている。【主】がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。





寒い季節ですが、主イエスの御名で熱く祈って参りましょう!




・・・




・・・




・・・




20181222 02.jpg




っつーことなのである!

ふんがくっく!






posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

2019年01月17日のツイート








posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

2019年01月15日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

2019年01月13日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

「夜明けのない人」イザヤ書8章17節から22節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「夜明けのない人」です。聖書箇所はイザヤ書8章17節から22節です。携挙前の背教と、その時代に入る人々の言動についてのお分かちです。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/Sf6udKZTrBE









こちらはいつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

第2ペテロ1章19節

また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。


第2ペテロ1章18節19節冒頭

私たちは聖なる山で主イエスとともにいたので、天からかかったこの御声を、自分自身で聞いたのです。また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。


イザヤ書8章17節から20節

:17 私は【主】を待つ。ヤコブの家から御顔を隠しておられる方を。私はこの方に、望みをかける。
:18 見よ。私と、【主】が私に下さった子たちとは、シオンの山に住む万軍の【主】からのイスラエルでのしるしとなり、不思議となっている。
:19 人々があなたがたに、「霊媒や、さえずり、ささやく口寄せに尋ねよ」と言うとき、民は自分の神に尋ねなければならない。生きている者のために、死人に伺いを立てなければならないのか。
:20 おしえとあかしに尋ねなければならない。もし、このことばに従って語らなければ、その人には夜明けがない。


イザヤ書8章21節22節

:21 彼は、迫害され、飢えて、国を歩き回り、飢えて、怒りに身をゆだねる。上を仰いでは自分の王と神をのろう。
:22 地を見ると、見よ、苦難とやみ、苦悩の暗やみ、暗黒、追放された者。


アモス書8章11節12節

:11 見よ。その日が来る。──神である主の御告げ──その日、わたしは、この地にききんを送る。パンのききんではない。水に渇くのでもない。実に、【主】のことばを聞くことのききんである。
:12 彼らは海から海へとさまよい歩き、北から東へと、【主】のことばを捜し求めて、行き巡る。しかしこれを見いだせない。


第2ペテロ1章19節

また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

冷静なモーシェ目線でいえば・・・

20190112.jpg




さすが、聖書猫!

モーシェ君は賢者ソロモン王のようです!





伝道者の書1章9節

昔あったものは、これからもあり、昔起こったことは、これからも起こる。日の下には新しいものは一つもない。





キリストの初臨の時にあった事が・・・




再臨のときにも繰り返されようとしています!




主イエスの来臨のしるしを見のがさないように・・・




20181222 02.jpg




っつーことなのです!!!




ふんがくっく!







posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(2) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

2019年01月10日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

2019年01月09日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

2019年01月08日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 | Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

「全世界の試練の時」黙示録3章10節から13節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「全世界の試練の時」です。聖書箇所は黙示録3章10節から13節です。いま忍耐しているキリスト者に対するキリストご自身への励ましの箇所です。24分ほどです。

いつもご視聴下さりありがとうございます。とても励みになっております。




https://youtu.be/L7yQ4zfjr7c









こちらはいつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記はKindle本と同じものですが、パブー版では常に無料にしました。







下記に聖書箇所を載せます:

黙示録3章10節から13節

:10 あなたが、わたしの忍耐について言ったことばを守ったから、わたしも、地上に住む者たちを試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを守ろう。
:11 わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。
:12 勝利を得る者を、わたしの神の聖所の柱としよう。彼はもはや決して外に出て行くことはない。わたしは彼の上にわたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、わたしの神のもとを出て天から下って来る新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを書きしるす。
:13 耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。」』


第1コリント3章12節から16節

:12 もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、
:13 各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。
:14 もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。
:15 もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。
:16 あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

祈りの見本、モーシェ君!

20190105.jpg




さすが、聖書猫!

モーシェ君は主を待ち望みます!




私たちキリスト者もモーシェ君に負けじと・・・




あらゆる時に主イエスの御名で祈り・・・




その栄光の表れをいつも待ち望みましょう!




っつーことで!

ふんがくっく!




posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

2019年01月03日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 | Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

明けましておめでとう御座います

20190101.jpg




みなさま、主イエスの年2019年
明けましておめでとう御座います!




2019年のモーシェ君の「今年の一文字」を
新年のご挨拶にしようかと思っていたところ・・・





なななんと、2018年元旦にも同じネタだった事が判明・・・


http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/455899960.html?1546229114




毎年毎年・・・そして今年もこのブログは・・・

モーシェ君とみなさまの愛と忍耐によって支えられて行くのです・・・。




今年もよろしくお願いしますf^^;)




っつーことで!

ふんがくっく!




posted by モトイ at 01:00| 千葉 ☀| Comment(4) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする