2018年10月21日

「神の報復の時代」第2テサロニケ1章6節から10節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「神の報復の時代」です。聖書箇所は第2テサロニケ1章6節から10節です。大患難期に「神を知らない人々」に対して神が報復をされる理由と、私たちのいまの役割についてのお分かちです。22分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/zySiI6LQqSs









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」





下記に聖書箇所を載せます:

第2テサロニケ1章6節から10節

:6 つまり、あなたがたを苦しめる者には、報いとして苦しみを与え、
:7 苦しめられているあなたがたには、私たちとともに、報いとして安息を与えてくださることは、神にとって正しいことなのです。そのことは、主イエスが、炎の中に、力ある御使いたちを従えて天から現れるときに起こります。
:8 そのとき主は、神を知らない人々や、私たちの主イエスの福音に従わない人々に報復されます。
:9 そのような人々は、主の御顔の前とその御力の栄光から退けられて、永遠の滅びの刑罰を受けるのです。
:10 その日に、主イエスは来られて、ご自分の聖徒たちによって栄光を受け、信じたすべての者の──そうです。あなたがたに対する私たちの証言は、信じられたのです──感嘆の的となられます。


マタイ16章18節

ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。

黙示録6章8節
私は見た。見よ。青ざめた馬であった。これに乗っている者の名は死といい、そのあとにはハデスがつき従った。彼らに地上の四分の一を剣とききんと死病と地上の獣によって殺す権威が与えられた。

伝道者の書3章11節
神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。


使徒17章26節から28節

:26 神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。
:27 これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。
:28 私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である』と言ったとおりです。


ローマ書1章18節から20節

:18 というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。
:19 それゆえ、神について知られることは、彼らに明らかです。それは神が明らかにされたのです。
:20 神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。


ヨエル書2章28節
その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。


第2テサロニケ2章11節
それゆえ神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り込まれます。


イザヤ書55章6節から11節

:6 【主】を求めよ。お会いできる間に。近くにおられるうちに、呼び求めよ。
:7 悪者はおのれの道を捨て、不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。【主】に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。
:8 「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。──【主】の御告げ──
:9 天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。
:10 雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。
:11 そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。







神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html









posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする