2018年06月03日

「主の暴風」第2コリント6章1節2節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「主の暴風」です。聖書箇所は第2コリント6章1節2節です。主を待ち望む祈りの姿勢の大切さと、携挙後に来る主の怒りの時代についてのお分ちです。21分程です。

いつもご視聴くださり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/bjeRGsJZTao









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」





下記に聖書箇所を載せます:

第2コリント6章1節2節

:1 私たちは神とともに働く者として、あなたがたに懇願します。神の恵みをむだに受けないようにしてください。
:2 神は言われます。「わたしは、恵みの時にあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。」確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。


第2ペテロ3章17節

愛する人たち。そういうわけですから、このことをあらかじめ知っておいて、よく気をつけ、無節操な者たちの迷いに誘い込まれて自分自身の堅実さを失うことにならないようにしなさい。


エレミヤ書30章23節24節

:23 見よ。【主】の暴風、──憤り。──吹きつける暴風が起こり、悪者の頭上にうずを巻く。
:24 【主】の燃える怒りは、御心の思うところを行って、成し遂げるまで去ることはない。終わりの日に、あなたがたはそれを悟ろう。

エレミヤ書30章6節7節

:6 男が子を産めるか、さあ、尋ねてみよ。わたしが見るのに、なぜ、男がみな、産婦のように腰に手を当てているのか。なぜ、みなの顔が青く変わっているのか。
:7 ああ。その日は大いなる日、比べるものもない日だ。それはヤコブにも苦難の時だ。しかし彼はそれから救われる。

ヨハネ9章4節

わたしたちは、わたしを遣わした方のわざを、昼の間に行わなければなりません。だれも働くことのできない夜が来ます。


ヨエル書2章28節

その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。


第1テサロニケ5章4節から6節

:4 しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
:5 あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
:6 ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。


第1テサロニケ5章1節から6節

:1 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
:2 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
:3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
:4 しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
:5 あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
:6 ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html










posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする