2017年06月18日

「キリストの心」第1コリント2章14節から16節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「キリストの心」です。聖書箇所は第1コリント2章14節から16節です。王である祭司の役割を続けることが、御霊に導かれる人であり同時に、癒やしを受け続ける態度であるというお分かちです。23分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/PgDNhHtsanE









下記に聖書箇所を載せます:

第1コリント2章14節から16節

:14 生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだからです。また、それを悟ることができません。なぜなら、御霊のことは御霊によってわきまえるものだからです。
:15 御霊を受けている人は、すべてのことをわきまえますが、自分はだれによってもわきまえられません。
:16 いったい、「だれが主のみこころを知り、主を導くことができたか。」ところが、私たちには、キリストの心があるのです。


第1コリント3章16節

あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。


第1コリント3章10節から16節

:10 与えられた神の恵みによって、私は賢い建築家のように、土台を据えました。そして、ほかの人がその上に家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。
:11 というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。
:12 もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、
:13 各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。
:14 もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。
:15 もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。
:16 あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。


使徒8章23節

あなたはまだ苦い胆汁と不義のきずなの中にいることが、私にはよくわかっています。」

使徒8章20節

「あなたの金は、あなたとともに滅びるがよい。あなたは金で神の賜物を手に入れようと思っているからです。


使徒8章22節23節

:22 だから、この悪事を悔い改めて、主に祈りなさい。あるいは、心に抱いた思いが赦されるかもしれません。
:23 あなたはまだ苦い胆汁と不義のきずなの中にいることが、私にはよくわかっています。」

使徒8章24節

シモンは答えて言った。「あなたがたの言われた事が何も私に起こらないように、私のために主に祈ってください。」


詩篇139篇23節24節

:23 神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
:24 私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする