2017年05月28日

「バビロンへの裁き」創世記11章1節から9節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「バビロンへの裁き」です。聖書箇所は創世記11章1節から9節です。キリスト者にもありがちな肉の努力の罠について、バベルの塔への裁きからお分ちしました。26分程です。

いつもご視聴くださり、有り難うございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/Z99mmgdlrCs









下記に聖書箇所を載せます:

創世記11章1節から9節

:1 さて、全地は一つのことば、一つの話しことばであった。
:2 そのころ、人々は東のほうから移動して来て、シヌアルの地に平地を見つけ、そこに定住した。
:3 彼らは互いに言った。「さあ、れんがを作ってよく焼こう。」彼らは石の代わりにれんがを用い、粘土の代わりに瀝青を用いた。
:4 そのうちに彼らは言うようになった。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」
:5 そのとき【主】は人間の建てた町と塔をご覧になるために降りて来られた。
:6 【主】は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。
:7 さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」
:8 こうして【主】は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。
:9 それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。【主】が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、【主】が人々をそこから地の全面に散らしたからである。


使徒17章26節から28節

:26 神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。
:27 これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。
:28 私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である』と言ったとおりです。


ダニエル書4章30節

王はこう言っていた。「この大バビロンは、私の権力によって、王の家とするために、また、私の威光を輝かすために、私が建てたものではないか。」


コロサイ書3章17節

あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。


ヨハネ20章31節

しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。


第1ヨハネ5章13節

私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです。


第1ヨハネ5章11節から13節

:11 そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。
:12 御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。
:13 私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです。









神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html







posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

(へなちょこ?)プレイヤーウォーク報告・・・f^^;)

お早う御座います。
モトイです。皆さまご機嫌いかがでしょうか・・・。




さて今週は、平日朝一で司式がありまして・・・




乗り継ぎが楽な帰宅の電車までに3時間以上も時間があったので、思い切って・・・




上野公園まで足を伸ばして大バビロン展・・・じゃなかった・・・バベルの塔展を見に行きました。




ちょっとラジオで話題になってたので行ったのですが、平日なのにすごい人混みでした・・・。






002.jpg




本当は今回も、プレイヤーウォークと言う大切な使命を果たすつもりだったのですが・・・




あまりの人だかりにうっかり忘れてしまい、
途中まで単なる観光者気分で鑑賞してしまいました・・・f^^;)




003これこれ.jpg




皆さんもどこかでこの絵を見たことがあると思います。




この絵を元に建てたと言う建物が・・・




EU本部.jpg
EU本部です(^^;)





004イザ!.jpg




音声ガイドによりますとブリューゲルさんとは16世紀に活躍した、現在のオランダ(当時はブラバント公国)の画家だそうです。




「バベルの塔」の絵はその当時の技術でこの塔を建てたらどうなるのかという空想の絵だそうです。




たたみ半分ほどの絵に、ものすごい人が集まって、鑑賞どころではありませんでしたf^0^;)




他にもヨセフの物語りの絵などの宗教的絵画が色々ありました。




そこでなんとなく、「この中でどのくらいの人が絵の意味を理解しているのだろう」と考え・・・




祈りつつ鑑賞すると言う目的を、
す〜っかり忘れていることに気付かされました(^皿^;)




その後はちゃんと主イエスの御名による祈りの歩行をしましたです・・・f^^;)




残念ながら写真撮影はできなかったですが、撮影コーナーがあり、特大のコピーがありました・・・。




005撮影コーナー.jpg




ワタクシも記念撮影をば・・・




006 主のもの イザ44:5.jpg




おつぎは近くの東京芸術大学へむかいました・・・。




なんでも、立体バベル展なるものがあるとのこと・・・。




芸術志向の若人が集う芸術大学なので、先入観もあってか・・・







007 トレビア〜ン.jpg




008 立体模型展.jpg




こちらは無料なのにあまり知られていないらしく・・・




じっくりと見ることができました・・・。




009 でかっ!.jpg




010 教会.jpg




011 バベル教会.jpg




最後はこちら・・・以前に何度もご紹介した・・・
               (ずっと前ですけど・・・f^^;)



012 国立西洋美術館の庭.jpg




国立西洋美術館の庭に置いてあるオブジェで・・・知る人ぞ知る無料展示物の・・・




014.jpg




この像の一部分に、かの有名な・・・




ロダンの「考える人」が居るのですが、お分かりになりますでしょうか・・・




015.jpg



016.jpg




017.jpg





018.jpg




天国に行ってから後悔しないように、
キリスト者として忘れずに、地上の役割を果たさねばと思わされました・・・。




第1ペテロ2章9節

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。


第2テモテ4章2節

みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。





019 ど〜ん!.jpg




今週はちょっとしんみりと考えてしまったので・・・




最後にモーシェ君の♪きゅるるん♪写真を2枚・・・




020 きゅるるん.jpg




021 きゅるるん2.jpg




と言うことで、天国で考え込まないように皆さんも、
聖霊の宮、祈りの宮として地上での役割を、
しっかりと果たして参りましょう!





っつーことで!

ふんがくっく!




posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

2017年05月25日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

2017年05月21日

「死のとげ」第1コリント15章54節から58節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「死のとげ」です。聖書箇所は第1コリント15章54節から58節です。キリスト者にも忍び寄るこの世の罠の霊的背景についてのお分ちです。22分程です。

いつもご視聴下さり、有り難うございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/T8dYDohpLF8









下記に聖書箇所を載せます:

第1コリント15章54節から58節

:54 しかし、朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、「死は勝利にのまれた」としるされている、みことばが実現します。
:55 「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。」
:56 死のとげは罪であり、罪の力は律法です。
:57 しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。
:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。


創世記3章5節

あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです。」


ゼパニヤ書3章17節(新改訳)

あなたの神、【主】は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。


ゼパニヤ書3章17節(口語訳)

あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる」。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

感謝!っつーことで!

20170520のしくしくモーシェ君.jpg

みなさまの忍耐に感謝!





20170520 ね〜.jpg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

「回復へ向かう人」ヨハネ12章50節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「回復へ向かう人」としました。聖書箇所はヨハネ12章50節です。神に回復され続け癒やされ続けるキリスト者の成長の恵みについての、お分かちです。26分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても励みとなっております。




https://youtu.be/iNva7Bjw2Ck









下記に聖書箇所を載せます:

ヨハネ12章50節

父の命令は永遠の命であることを、わたしは知っている。だから、わたしが語ることは、父がわたしに命じられたままに語っているのである。」


ヨハネ13章34節

あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。


ヨハネ14章6節

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。


ヨハネ17章26節

わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます。わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです。」


創世記1章36節

神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

どっしりとモーシェティーチング・・・

20170512 01.jpg




20170512 02.jpg




20170512 03.jpg




さすが、聖書猫!

モーシェ君の平安は揺るがされません!





ヨハネ14章27節

わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。





私たちキリスト者も、モーシェ君に負けじと・・・




主イエスの平安によって、どっしりと構えて参りましょう!




20170512 04.jpg
モーシェ君と皆さまの愛と平安に感謝!




っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ




20170512.jpg




20170512 キジ夫とキジ子 アップ.jpg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

2017年05月11日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

2017年05月09日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

「神に造られた者か偶像を造る者か」第2コリント5章17節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「神に造られた者か偶像を造る者か」です。聖書箇所は第2コリント5章17節です。キリスト者の成長と霊的戦いについてのお分かちです。27分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/o8lzfrzBIoc









下記に聖書箇所を載せます:

第2コリント5章17節

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。


イザヤ書43章7節

わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し、これを形造り、これを造った。


詩篇115篇1節から8節

:1 私たちにではなく、【主】よ、私たちにではなく、あなたの恵みとまことのために、栄光を、ただあなたの御名にのみ帰してください。
:2 なぜ、国々は言うのか。「彼らの神は、いったいどこにいるのか」と。
:3 私たちの神は、天におられ、その望むところをことごとく行われる。
:4 彼らの偶像は銀や金で、人の手のわざである。
:5 口があっても語れず、目があっても見えない。
:6 耳があっても聞こえず、鼻があってもかげない。
:7 手があってもさわれず、足があっても歩けない。のどがあっても声をたてることもできない。
:8 これを造る者も、これに信頼する者もみな、これと同じである。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

モトイ、聖書猫氏に認めらる!

20170506 この木なんの木.jpg




20170506 あざーっす!.jpg
※本日のブログに、特に意味はありません。





感謝!



皆さまも主イエスにあって強く雄々しく大胆に
ゴールデンウィークをお過ごしください!




っつーことで!

ふんがくっく!






posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

2017年05月04日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする