2017年04月23日

「主の声を求める」ヨハネ10章22節から30節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「主の声を求める」です。聖書箇所はヨハネ10章22節から30節です。背教の時代にあっても守られる民について、また神の罰を受ける牧者たちについてのお分かちです。23分ほどです。

いつもご視聴、有り難う御座います。とても励みとなっております。




https://youtu.be/PnpITibQj5A









下記に聖書箇所を載せます:

ヨハネ10章22節から30節

:22 そのころ、エルサレムで、宮きよめの祭りがあった。
:23 時は冬であった。イエスは、宮の中で、ソロモンの廊を歩いておられた。
:24 それでユダヤ人たちは、イエスを取り囲んで言った。「あなたは、いつまで私たちに気をもませるのですか。もしあなたがキリストなら、はっきりとそう言ってください。」
:25 イエスは彼らに答えられた。「わたしは話しました。しかし、あなたがたは信じないのです。わたしが父の御名によって行うわざが、わたしについて証言しています。
:26 しかし、あなたがたは信じません。それは、あなたがたがわたしの羊に属していないからです。
:27 わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。またわたしは彼らを知っています。そして彼らはわたしについて来ます。
:28 わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。
:29 わたしに彼らをお与えになった父は、すべてにまさって偉大です。だれもわたしの父の御手から彼らを奪い去ることはできません。
:30 わたしと父とは一つです。」


エゼキエル書13章20節から23節

:20 それゆえ、神である主はこう仰せられる。見よ。わたしは、あなたがたが、人々を鳥を取るようにわなにかけたのろいのひもに立ち向かう。それらをあなたがたの腕からもぎ取り、あなたがたが鳥を取るようにわなにかけた人々を、わたしが放す。
:21 わたしは、あなたがたのベールをはがし、わたしの民をあなたがたの手から救い出す。わなにかかった者たちは、もうあなたがたの手のうちにいなくなる。このとき、あなたがたは、わたしが【主】であることを知ろう。
:22 あなたがたは、わたしが悲しませなかったのに、正しい人の心を偽りで悲しませ、悪者を力づけ、彼が悪の道から立ち返って生きるようにしなかった。
:23 それゆえ、あなたがたは、もう、むなしい幻も見ることができず、占いもできなくなる。わたしは、わたしの民をあなたがたの手から救い出す。このとき、あなたがたは、わたしが【主】であることを知ろう。」


エゼキエル書34章7節から10節

:7 それゆえ、牧者たちよ、【主】のことばを聞け。
:8 わたしは生きている、──神である主の御告げ──わたしの羊はかすめ奪われ、牧者がいないため、あらゆる野の獣のえじきとなっている。それなのに、わたしの牧者たちは、わたしの羊を捜し求めず、かえって牧者たちは自分自身を養い、わたしの羊を養わない。
:9 それゆえ、牧者たちよ、【主】のことばを聞け。
:10 神である主はこう仰せられる。わたしは牧者たちに立ち向かい、彼らの手からわたしの羊を取り返し、彼らに羊を飼うのをやめさせる。牧者たちは二度と自分自身を養えなくなる。わたしは彼らの口からわたしの羊を救い出し、彼らのえじきにさせない。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html









posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

深すぎるモーシェティーチング・・・

お早う御座います。
モトイです。皆さまご機嫌いかがでしょうか。




さて今週のモーシェ君ですが、モーシェティーチングの一環として・・・




とある聖書的なものをワタクシにプレゼントしてくれました・・・。




こちらです・・・




20170422 とある聖書的な贈り物.jpg





その実態をお見せする前に・・・
聖書的な贈り物である根拠の聖書箇所をご紹介します・・・。




今回のモーシェティーチングはワタクシへの訓戒と戒めであるとともに・・・




キリスト者の皆様への、神の宮としての自覚を促すティーチングなのです!!!




箴言30章24節&28節

この地上には小さいものが四つある。しかし、それは知恵者中の知恵者だ。

やもりは手でつかまえることができるが、王の宮殿にいる。





そしてモーシェ君がワタクシにくれたものとはこちらです!




20170422 きゅ〜.jpg




お分かりになりましたでしょうか・・・?




そうです!そうなんです!
モーシェ君の戒めとは・・・




神の宮であり、祈りの宮であるキリスト者が、
今日も主にある本当の知恵者として
祈りによって天の宮に仕えていますか?
という問いかけなのです!!!





皆さんもこの深〜いモーシェティーチングを受け取り・・・




たとえ人の目には弱くとも、主にある本当の知恵者として・・・




最も強い方との交わりを保ち続けて参りましょう!




20170422 深すぎ?.jpg




っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ




今回モーシェ君にご協力いただいた
知恵者(通称きゅ〜さん)には
ちゃ〜んと大自然にお帰り頂きましたです・・・。




(実は大分お疲れのご様子でしたf^。^;)



20170422 さよならきゅ〜さん.jpg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

2017年04月19日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

「破滅の直前」第1テサロニケ5章1節から4節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「破滅の直前」です。聖書箇所は第1テサロニケ5章1節から4節です。携挙直前の様子と携挙信仰の大切さについてのお分ちです。20分程です。

いつもご視聴くださり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/PRpxHjFCtjo









下記に聖書箇所を載せます:

第1テサロニケ5章1節から4節

:1 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
:2 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
:3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
:4 しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。


第2テモテ4章8節

今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。


マタイ24章48節から51節

:48 ところが、それが悪いしもべで、『主人はまだまだ帰るまい』と心の中で思い、
:49 その仲間を打ちたたき、酒飲みたちと飲んだり食べたりし始めていると、
:50 そのしもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます。
:51 そして、彼をきびしく罰して、その報いを偽善者たちと同じにするに違いありません。しもべはそこで泣いて歯ぎしりするのです。


マタイ25章24節から30節

:24 ところが、一タラント預かっていた者も来て、言った。『ご主人さま。あなたは、蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めるひどい方だとわかっていました。
:25 私はこわくなり、出て行って、あなたの一タラントを地の中に隠しておきました。さあどうぞ、これがあなたの物です。』
:26 ところが、主人は彼に答えて言った。『悪いなまけ者のしもべだ。私が蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めることを知っていたというのか。
:27 だったら、おまえはその私の金を、銀行に預けておくべきだった。そうすれば私は帰って来たときに、利息がついて返してもらえたのだ。
:28 だから、そのタラントを彼から取り上げて、それを十タラント持っている者にやりなさい。』
:29 だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられるのです。
:30 役に立たぬしもべは、外の暗やみに追い出しなさい。そこで泣いて歯ぎしりするのです。










神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

絶賛続行中・・・かも

20170415ぐで〜ん.jpg
※脳内お花見大会絶賛続行中!





っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ




20170415平和で安全?.jpeg







posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

2017年04月11日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

「しるしとなる人々と恥じ入る人々」ゼカリヤ書3章8節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「しるしとなる人々と恥じ入る人々」です。聖書箇所はゼカリヤ書3章8節です。携挙前後のキリスト者の、しるしとしての役割についてのお分ちです。21分程です。

いつもご視聴下さり有り難うございます。とても励みになっております。




https://youtu.be/wVDjBZoBESY









下記に聖書箇所を載せます:

ゼカリヤ書3章8節

聞け。大祭司ヨシュアよ。あなたとあなたの前にすわっているあなたの同僚たちは、しるしとなる人々だ。見よ。わたしは、わたしのしもべ、一つの若枝を来させる。


使徒2章37節

人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか」と言った。


第一ペテロ3章14節から16節

いや、たとい義のために苦しむことがあるにしても、それは幸いなことです。彼らの脅かしを恐れたり、それによって心を動揺させたりしてはいけません。
むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。
ただし、優しく、慎み恐れて、また、正しい良心をもって弁明しなさい。そうすれば、キリストにあるあなたがたの正しい生き方をののしる人たちが、あなたがたをそしったことで恥じ入るでしょう。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

一致した俺ら・・・

20170408ぐにゃり.jpg




をを!モーシェ君もぐにゃり・・・




ワタクシの脳内もぐにゃりなので・・・




本日は以上です!




20170408きゅるるん.jpg




ふんがくっく!





posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

どーん!

今週は何も記事がなかったので、なんとなくこれをどん!




かつての無料本を、実はkindle本にしてこっそり99円で売ってますですf^^;)







パブーでの無料配布は今も続行中ですが、目次とか使いずらいみたい・・・
(無料本がお望みの方は、「パブー モトイトクメイ」で検索してください。)











神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:59| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

「永遠を見つめる力」使徒21章7節から14節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「永遠を見つめる力」です。聖書箇所は使徒21章7節から14節です。パウロの天国視点を見て見ました。23分程です。

いつもご視聴くださり、有り難うございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/jIZi4OMCL6w









下記に聖書箇所を載せます:

使徒21章7節から14節

:7 私たちはツロからの航海を終えて、トレマイに着いた。そこの兄弟たちにあいさつをして、彼らのところに一日滞在した。
:8 翌日そこを立って、カイザリヤに着き、あの七人のひとりである伝道者ピリポの家に入って、そこに滞在した。
:9 この人には、預言する四人の未婚の娘がいた。
:10 幾日かそこに滞在していると、アガボという預言者がユダヤから下って来た。
:11 彼は私たちのところに来て、パウロの帯を取り、自分の両手と両足を縛って、「『この帯の持ち主は、エルサレムでユダヤ人に、こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡される』と聖霊がお告げになっています」と言った。
:12 私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。
:13 するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています」と答えた。
:14 彼が聞き入れようとしないので、私たちは、「主のみこころのままに」と言って、黙ってしまった。


第2コリント12章1節から5節

:1 無益なことですが、誇るのもやむをえないことです。私は主の幻と啓示のことを話しましょう。
:2 私はキリストにあるひとりの人を知っています。この人は十四年前に──肉体のままであったか、私は知りません。肉体を離れてであったか、それも知りません。神はご存じです、──第三の天にまで引き上げられました。
:3 私はこの人が、──それが肉体のままであったか、肉体を離れてであったかは知りません。神はご存じです、──
:4 パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。
:5 このような人について私は誇るのです。しかし、私自身については、自分の弱さ以外には誇りません。







神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

四月一日ですが、モーシェ君は気が付いてしまいました・・・。

20170401むむっ!.jpeg




20170401そう!.jpeg




そうです!そうなんです!!!

エイプリルフールではなく、ほんとなのです!




「議論を避けるための大患難前携挙説」下巻・決定版
いまだけ無料!(4月5日17時まで!)




詳しくは下をクリック!
(海外の方はお住いの地区のAmazonにて、モトイトクメイで検索してください。)














っつーことで!





ツーショット!

パシャッとね!




20170401エブリデイフールっす!.jpeg
(※例により、鼻バンドに関する一切のご質問にはお答え致しかねます。)





以上!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ





先週の密着取材の涙ぐましい努力の舞台裏・・・かも?




20170401忍耐猫.jpeg
モーシェ君とみなさまの、
愛と忍耐に感謝致しております。(マジで!)



posted by モトイ at 05:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする