2016年10月30日

「神を崇めず感謝もしない人々」ローマ1章20節21節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「神を崇めず感謝もしない人々」です。聖書個所はローマ1章20節21節です。感謝がささげ物である事のお分ちです。25分ほどです。

いつもご視聴下さって、有り難うございます。とても励みになっております。




https://youtu.be/-MD3u-AAFbA









下記に聖書個所を載せます:

ローマ1章20節21節

神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。
というのは、彼らは、神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからです。


レビ記7章15節

和解のための感謝のいけにえの肉は、それがささげられるその日に食べ、そのうちの少しでも朝まで残しておいてはならない。


エペソ5章4節

また、みだらなことや、愚かな話や、下品な冗談を避けなさい。そのようなことは良くないことです。むしろ、感謝しなさい。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

モーシェ君、秋の一喝!

20161029盗人のように突然来たて抜きに一言!.jpeg




ををっと!





モーシェ君の一喝にあらためて
主イエスの似姿に変えて頂こうと・・・




聖霊様のわざをご期待し
祈りに励もうと思わされたワタクシなのでした・・・




っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ




20161029きゅるるん♪ちょ〜ラブリ〜♪.jpeg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

2016年10月25日のツイート
























posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

2016年10月23日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

「本体であるキリストと交わる」コロサイ2章16節から19節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「本体であるキリストと交わる」です。聖書個所はコロサイ2章16節から19節です。今週に私に示された事のお分ちです。29分ほどです。

いつもご視聴下さり有り難うございます。とても励みになっております。




https://youtu.be/8flXwiHCCVg









下記に聖書個所を載せます:

コロサイ2章16節から19節

こういうわけですから、食べ物と飲み物について、あるいは、祭りや新月や安息日のことについて、だれにもあなたがたを批評させてはなりません。
これらは、次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです。
あなたがたは、ことさらに自己卑下をしようとしたり、御使い礼拝をしようとする者に、ほうびをだまし取られてはなりません。彼らは幻を見たことに安住して、肉の思いによっていたずらに誇り、
かしらに堅く結びつくことをしません。このかしらがもとになり、からだ全体は、関節と筋によって養われ、結び合わされて、神によって成長させられるのです。


ヨハネ7章37節38節

さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。
わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」


ネヘミヤ書8章10節(新共同訳)

主を喜び祝う事こそ、あなたたちの力の源である。


ヘブル書12章15節

そのためには、あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりすることのないように、


詩篇139篇23節24節

神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。











神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

秋の思索タイムにモーシェ君は何を思う?

お早う御座います。
モトイです。皆さまいかがお過ごしでしょうか・・・。




さて、今週のワタクシですが・・・




秋の祈り月間という事もあり・・・




モーシェ君から大いに学ばせて頂きました・・・。




こんなふうに・・・




20161022秋の思索タイム?.jpeg




20161022モーシェ君ディボーション中.jpeg




20161022虚無に服すモーシェ君・・・.jpeg




ををっと!





秋の祈り強化月間の最中に・・・




惰眠を貪ってなど居られないのです!!!




今週もモーシェ君から大いに学ばせてもらったワタクシなのです・・・。






ルカ21章33節から36節

この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。
あなたがたの心が、放蕩や深酒やこの世の煩いのために沈み込んでいるところに、その日がわなのように、突然あなたがたに臨むことのないように、よく気をつけていなさい。
その日は、全地の表に住むすべての人に臨むからです。
しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。





私たちキリスト者もモーシェ君に負けじと・・・




主イエスを思い常に祈って歩んで参りましょう!




っつーことで!

ふんがくっく!









posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

2016年10月20日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

「栄光を映す鏡と取り入れる窓」第2コリント3章17節18節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「栄光を映す鏡と取り入れる窓」です。聖書個所は第2コリント3章17節18節です。私たちが神を見つめて栄光を受ける事のお分ちです。24分ほどです。

いつもご視聴下さり有り難うございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/YNDj6DRu_5A









下記に聖書個所を載せます:

第2コリント3章17節18節

主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。


ルカ11章33節から36節

だれも、あかりをつけてから、それを穴倉や、枡の下に置く者はいません。燭台の上に置きます。はいって来る人々に、その光が見えるためです。
からだのあかりは、あなたの目です。目が健全なら、あなたの全身も明るいが、しかし、目が悪いと、からだも暗くなります。
だから、あなたのうちの光が、暗やみにならないように、気をつけなさい。
もし、あなたの全身が明るくて何の暗い部分もないなら、その全身はちょうどあかりが輝いて、あなたを照らすときのように明るく輝きます。」


イザヤ書6章1節から6節

ウジヤ王が死んだ年に、私は、高くあげられた王座に座しておられる主を見た。そのすそは神殿に満ち、
セラフィムがその上に立っていた。彼らはそれぞれ六つの翼があり、おのおのその二つで顔をおおい、二つで両足をおおい、二つで飛んでおり、
互いに呼びかわして言っていた。「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の主。その栄光は全地に満つ。」
その叫ぶ者の声のために、敷居の基はゆるぎ、宮は煙で満たされた。
そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」
すると、私のもとに、セラフィムのひとりが飛んで来たが、その手には、祭壇の上から火ばさみで取った燃えさかる炭があった。

伝道者の書3章11節

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

秋の祈りは深まりつつ・・・

20161015秋の祈り大会続行中!.jpeg




お早う御座います。
モトイです。みなさまご機嫌いかがでしょうか・・・。




今週もモーシェ君のアナウンスのごとく、祈りの強化月間のまっ盛りなのです!




ワタクシも今週、二度目になる皇居プレイヤージョグを予定していましたが・・・




思いのほか予定が込んでしまい中止してしまいました・・・。




しかしいっぽう、ご近所の安全を祈りつつ見張るモーシェ君の姿に・・・




祈りの強化の秋を思い、心燃やされる日々でもあります!




20161015♪こ〜のね〜こ〜を〜見よ〜♪.jpeg




私たちキリスト者も、モーシェ君に負けじと・・・




王である祭司として、
主イエスの御名によって祈り、霊的世界を見つめて参りましょう!




っつーことで!

ふんがくっく!




・・・




・・・




・・・おまけ





20161015主イエスを見つめきゅるるん♪.jpeg
posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

2016年10月11日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

「王である祭司」第一ペテロ2章9節10節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「王である祭司」です。聖書箇所は第一ペテロ2章9節10節です。キリスト者の特権である、いつでも神の前に出られる王である祭司についてのお分かちです。25分ほどです。

いつもご視聴下さり、有り難う御座います。とても励まされています。




https://youtu.be/AyPq6aeU-Rk









下記に聖書箇所を載せます:

第一ペテロ2章9節10節

しかし、あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。
あなたがたは、「かつては神の民ではなかったが、今は神の民であり、憐れみを受けなかったが、今は憐れみを受けている」のです。

黙示録1章5節6節

また、忠実な証人、死者の中から最初によみがえられた方、地上の王たちの支配者であるイエス・キリストから、恵みと平安が、あなたがたにあるように。イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち、
また、私たちを王国とし、ご自分の父である神のために祭司としてくださった方である。キリストに栄光と力とが、とこしえにあるように。アーメン。

イザヤ書6章1節から8節

ウジヤ王が死んだ年に、私は、高くあげられた王座に座しておられる主を見た。そのすそは神殿に満ち、
セラフィムがその上に立っていた。彼らはそれぞれ六つの翼があり、おのおのその二つで顔をおおい、二つで両足をおおい、二つで飛んでおり、
互いに呼びかわして言っていた。「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の主。その栄光は全地に満つ。」
その叫ぶ者の声のために、敷居の基はゆるぎ、宮は煙で満たされた。
そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」
すると、私のもとに、セラフィムのひとりが飛んで来たが、その手には、祭壇の上から火ばさみで取った燃えさかる炭があった。
彼は、私の口に触れて言った。「見よ。これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの上義は取り去られ、あなたの罪も贖われた。」
私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう。」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」











神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

モトイ、皇居プレイヤージョグに挑戦!

お早う御座います。
モトイです。皆さまご機嫌いかがでしょうか。




さて、今週のワタクシは、秋の祭りの時期に入り祈りに励むモーシェ君に感化されまして・・・




去年に引き続き、秋の城攻めをもくろんでおりました・・・。
(去年の城攻めに関しては下記をご覧下さい:
http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/425713867.html?1475814603
http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/426226007.html?1475814734 )




去年は観光地を祈りによって贖って参りましたが、今年はだいぶ気合いを入れ・・・




皇居の周りをプレイヤージョグで駆け抜ける計画を立てましたです!




っと言いますのも、いつも司式の時に使う東京駅のすぐ近くに・・・




ジョギンググッズ一式をレンタルでき、シャワーまで完備された・・・




ジョガー用、会員制ロッカーを発見したからなのです!

(入会金900円、利用料500円で、ランニングウエア-上下とシューズ、バスタオルがそれぞれ200円でレンタルできます。場所は新丸ビルB1,「Marunouchi Bike & Run」です。ご興味のある方は検索してみて下さい。)




今週のとある平日、都内某所で司式するワタクシ・・・




001.jpg
司式の前で多少キンチョー気味・・・







そして、司式終了の後「Bike & Run」にて着替えて・・・




002.jpg




003.jpg




004.jpg




005.jpg




006.jpg




007.jpg




008.jpg




009.jpg




良いんです!抜かれたって!




ワタクシの役目はこれですんで!!!




010.jpg
主イエスの御名と血潮による勝利宣言!!!




初の皇居プレイヤージョグでしたが・・・



祈りつつ観光しつつ、なかなか楽しく走ることができました。




011.jpg
実はゼーゼー、ハーハーしてますです・・・。




なんだか数人が写真を撮っていたのでミーハーなワタクシも・・・




ついでに写真を撮りましたが、近くの看板によると・・・




写真の中の門が、かの有名な桜田門で・・・




するとここがちょうど、井伊大老が水戸浪士に暗殺されたと言う・・・




有名な桜田門外なので、せっかくですし、お決まりと言うことでパシャッとね!




012.jpg




そして、さらに・・・




だめ押しで・・・




013.jpg
1周してきて安堵しているカオ・・・。




しかしながら・・・




一皮むけば・・・




014.jpg




と言うわけで、今回は電車の関係で大急ぎで・・・




1周だけのプレイヤージョグでした・・・。




015.jpg




来週は多少、電車の乗り継ぎが緩やかな時間帯なので・・・




2周ほど走ってみたいと思っています・・・。




ちなみに、一周は5qなので、2周は10qです。




日本のリバイバルのために、皇居プレイヤージョグ、乞うご期待です!
(っつってもただ祈りつつ走るだけですけど・・・)




最後にモーシェ君にビシッと宣言して頂きます!




20161008秋の城攻め宣言!.jpg




っという訳で皆しゃん・・・




また来週ぅ〜っと!

ふんがくっく!







posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

2016年10月05日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

「自分にできる備え」マルコ14章3節から9節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「自分にできる備え」です。聖書個所はマルコ14章3節から9節です。肉の頑張りと聖霊により導かれる生き方の違いをお話ししました。26分ほどです。

いつもご視聴下さり有り難うございます。とても嬉しいです。




: https://youtu.be/9y2vracyIek









下記に聖書個所を載せます:

マルコ14章3節から9節

イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられたとき、食卓に着いておられると、ひとりの女が、純粋で、非常に高価なナルド油のはいった石膏のつぼを持って来て、そのつぼを割り、イエスの頭に注いだ。
すると、何人かの者が憤慨して互いに言った。「何のために、香油をこんなにむだにしたのか。
この香油なら、三百デナリ以上に売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」そうして、その女をきびしく責めた。
すると、イエスは言われた。「そのままにしておきなさい。なぜこの人を困らせるのですか。わたしのために、りっぱなことをしてくれたのです。
貧しい人たちは、いつもあなたがたといっしょにいます。それで、あなたがたがしたいときは、いつでも彼らに良いことをしてやれます。しかし、わたしは、いつもあなたがたといっしょにいるわけではありません。
この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしのからだに、前もって油を塗ってくれたのです。
まことに、あなたがたに告げます。世界中のどこででも、福音が宣べ伝えられる所なら、この人のした事も語られて、この人の記念となるでしょう。」


マルコ14章12節から16節

種なしパンの祝いの第一日、すなわち、過越の小羊をほふる日に、弟子たちはイエスに言った。「過越の食事をなさるのに、私たちは、どこへ行って用意をしましょうか。」
そこで、イエスは、弟子のうちふたりを送って、こう言われた。「都にはいりなさい。そうすれば、水がめを運んでいる男に会うから、その人について行きなさい。
そして、その人がはいって行く家の主人に、『弟子たちといっしょに過越の食事をする、わたしの客間はどこか、と先生が言っておられる。』と言いなさい。
するとその主人が自分で、席が整って用意のできた二階の広間を見せてくれます。そこでわたしたちのために用意をしなさい。」
弟子たちが出かけて行って、都にはいると、まさしくイエスの言われたとおりであった。それで、彼らはそこで過越の食事の用意をした。


マルコ14章29節から31節

すると、ペテロがイエスに言った。「たとい全部の者がつまずいても、私はつまずきません。」
イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたは、きょう、今夜、鶏が二度鳴く前に、わたしを知らないと三度言います。」
ペテロは力を込めて言い張った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません。」みなの者もそう言った。


ヨハネ6章63節

いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話したことばは、霊であり、またいのちです。


第一サムエル記10章6節7節

主の霊があなたの上に激しく下ると、あなたも彼らといっしょに預言して、あなたは新しい人に変えられます。
このしるしがあなたに起こったら、手当たりしだいに何でもしなさい。神があなたとともにおられるからです。








神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

秋のモーシェ宣言2!

20161001 めらめらモーシェ君 .jpg




あっ!?はいですっ!!!




イザヤ書60章1節

起きよ。光を放て。
あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。




モーシェ君の祈りの情熱を受け取れましたでしょうか・・・。




私たちキリスト者もモーシェ君に負けじと・・・




ますます主の霊に燃やされ、祈って参りましょう!!!




っつーことで!

ふんがくっく!







posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする