2019年08月25日

「神を無視した結末」イザヤ書2章10節から22節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「神を無視した結末」です。聖書箇所はイザヤ書2章10節から22節です。恵みの時代の恵みを確認するために、今神を無視している人たちの携挙後と今についてをお分かちしました。22分ほどです。

いつもご視聴下さり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/U3xTFXLjN3o









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY




その他については下記でご覧いただけます:
モトイ・トクメイAmazon著者ページ:
https://amzn.to/2C6EDJM






下記に聖書箇所を載せます:

イザヤ書2章10節から22節

:10 岩の間に入り、ちりの中に身を隠せ。【主】の恐るべき御顔を避け、そのご威光の輝きを避けて。
:11 その日には、高ぶる者の目も低くされ、高慢な者もかがめられ、【主】おひとりだけが高められる。
:12 まことに、万軍の【主】の日は、すべておごり高ぶる者、すべて誇る者に襲いかかり、これを低くする。
:13 高くそびえるレバノンのすべての杉の木と、バシャンのすべての樫の木、
:14 すべての高い山々と、すべてのそびえる峰々、
:15 すべてのそそり立つやぐらと、堅固な城壁、
:16 タルシシュのすべての船、すべての慕わしい船に襲いかかる。
:17 その日には、高ぶる者はかがめられ、高慢な者は低くされ、【主】おひとりだけが高められる。
:18 偽りの神々は消えうせる。
:19 主が立ち上がり、地をおののかせるとき、人々は【主】の恐るべき御顔を避け、ご威光の輝きを避けて、岩のほら穴や、土の穴に入る。
:20 その日、人は、拝むために造った銀の偽りの神々と金の偽りの神々を、もぐらや、こうもりに投げやる。
:21 主が立ち上がり、地をおののかせるとき、人々は【主】の恐るべき御顔を避け、ご威光の輝きを避けて、岩の割れ目、巌の裂け目に入る。
:22 鼻で息をする人間をたよりにするな。そんな者に、何の値うちがあろうか。


黙示録6章15節から17節

:15 地上の王、高官、千人隊長、金持ち、勇者、あらゆる奴隷と自由人が、ほら穴と山の岩間に隠れ、
:16 山や岩に向かってこう言った。「私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と小羊の怒りとから、私たちをかくまってくれ。
:17 御怒りの大いなる日が来たのだ。だれがそれに耐えられよう。」


ローマ書1章20節21節

:20 神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。
:21 それゆえ、彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました。


イザヤ書29章15節16節

:15 ああ。【主】に自分のはかりごとを深く隠す者たち。彼らはやみの中で事を行い、そして言う。「だれが、私たちを見ていよう。だれが、私たちを知っていよう」と。
:16 ああ、あなたがたは、物をさかさに考えている。陶器師を粘土と同じにみなしてよかろうか。造られた者が、それを造った者に、「彼は私を造らなかった」と言い、陶器が陶器師に、「彼はわからずやだ」と言えようか。


使徒17章26節から28節

:26 神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。
:27 これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。
:28 私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である』と言ったとおりです。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

秋の爽やかさ先取り・・・かも

20190824 001.jpg




20190824 01.jpg
片目のあの組織とは一切関係が御座いません・・・。




爽やかな秋を脳内で先取りのワタクシなのでした・・・。




っつーことで!





20190803 3.jpg




【Kindleトラクト無料化続報・・・】



Googleにて無料配本の「ペットが死んで悲しむあなたへ」をkindle化いたしました。残念ながら無料化はいまのところされていませんが、このままで販売いたします・・・。









posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

2019年08月22日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

2019年08月21日のツイート








posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

2019年08月20日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

2019年08月19日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

2019年08月18日のツイート








posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

「悪い者の支配とその行く末」第1ヨハネ5章19節

お早うございます。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「悪い者の支配とその行く末」です。聖書箇所は第1ヨハネ5章19節です。携挙前には分からないサタンの惑わしを、携挙後の世界を通して確認しました。24分程です。

いつもご視聴くださり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/kMhRYXqLZak









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY




その他については下記でご覧いただけます:
モトイ・トクメイAmazon著者ページ:
https://amzn.to/2C6EDJM






下記に聖書箇所を載せます:

第1ヨハネ5章19節

私たちは神からの者であり、世全体は悪い者の支配下にあることを知っています。


ガラテヤ書5章15節

もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。


エペソ書6章12節

私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。


ミカ書7章1節2節

:1 ああ、悲しいことだ。私は夏のくだものを集める者のよう、ぶどうの取り残しの実を取り入れる者のようになった。もう食べられるふさは一つもなく、私の好きな初なりのいちじくの実もない。
:2 敬虔な者はこの地から消えうせ、人の間に、正しい者はひとりもいない。みな血を流そうと待ち伏せし、互いに網をかけ合って捕らえようとする。


ミカ書7章3節から6節

:3 彼らの手は悪事を働くのに巧みで、役人は物を求め、さばきつかさは報酬に応じてさばき、有力者は自分の欲するままを語り、こうして事を曲げている。
:4 彼らのうちの善人もいばらのようだ。正しい者もいばらの生け垣のようだ。あなたの刑罰の日が、あなたを見張る者の日が来る。今、彼らに混乱が起きる。
:5 友を信用するな。親しい友をも信頼するな。あなたのふところに寝る者にも、あなたの口の戸を守れ。
:6 息子は父親を侮り、娘は母親に、嫁はしゅうとめに逆らい、それぞれ自分の家の者を敵としている。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

暦の上では秋なのに・・・

20190817.jpg




っつーことで!

ふんがくっく!








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

2019年08月14日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

2019年08月13日のツイート








posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

2019年08月12日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

2019年08月11日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

「シオンの娘の産みの苦しみ」エレミヤ書4章31節

お早うございます。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「シオンの娘の産みの苦しみ」です。聖書箇所はエレミヤ書4章31節です。産みの苦しみの時代とその前の陣痛の時期、そしてその後におこるとされているイスラエルの戦争についてのお分ちです。31分程です。

いつもご視聴くださり、ありがとうございます。とても嬉しいです。




https://youtu.be/eOy0i19yby8









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY

その他については下記でご覧いただけます:
モトイ・トクメイAmazon著者ページ:
https://amzn.to/2C6EDJM






下記に聖書箇所を載せます:

第1テサロニケ5章1節から3節

:1 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
:2 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
:3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。


エレミヤ書4章31節

まことに、わたしは、産みの苦しみをする女のような声、初子を産む女のようなうめき、シオンの娘の声を聞いた。彼女はあえぎ、手を伸べて言う。「ああ。私は殺す者たちのために疲れ果てた。」


エレミヤ書30章6節7節

:6 男が子を産めるか、さあ、尋ねてみよ。わたしが見るのに、なぜ、男がみな、産婦のように腰に手を当てているのか。なぜ、みなの顔が青く変わっているのか。
:7 ああ。その日は大いなる日、比べるものもない日だ。それはヤコブにも苦難の時だ。しかし彼はそれから救われる。


イザヤ書66章6節から8節

:6 聞け。町からの騒ぎ、宮からの声、敵に報復しておられる【主】の御声を。
:7 彼女は産みの苦しみをする前に産み、陣痛の起こる前に男の子を産み落とした。
:8 だれが、このような事を聞き、だれが、これらの事を見たか。地は一日の陣痛で産み出されようか。国は一瞬にして生まれようか。ところがシオンは、陣痛を起こすと同時に子らを産んだのだ。


エレミヤ書49章24節

ダマスコは弱り、恐怖に捕らわれ、身を巡らして逃げた。産婦のような苦しみと苦痛に捕らえられて。


ルカ21章36節

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

脳内カビ対策はコレ!(嘘)

20190810 03.jpg




んでは、気を取り直して・・・




暑さ対策を万全にした上で・・・




わが家に訪れた夏の恵みの撮影をば・・・




20190810 01.jpg
久しぶりに鼻バンドが気になったお方は、お気兼ねなくご質問下されば、
完全に無視させていただきます。










ここで一句・・・




さわやかな 夏の恵みのひまわりが

恵みによりて 脳にも咲きたり





主イエスの恵みによりて、脳もハレルヤ!




20190810 02.jpg




暦の上では立秋が過ぎました・・・。




秋のさわやかさまであと少し!




キリスト者のみなさんも・・・




主イエスにあって脳内ハレルヤで耐え抜きましょう!




っつーことで!

ふんがくっく!











posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 聖書猫、モーシェ君が行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

2019年08月08日のツイート








posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

2019年08月06日のツイート






posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

2019年08月05日のツイート




posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

2019年08月04日のツイート


posted by モトイ at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ツイッターまとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

「干からびた骨」エゼキエル書37章1節から14節

お早う御座います。
モトイです。

メッセージをアップします。タイトルは「干からびた骨」です。聖書箇所はエゼキエル書37章1節から14節です。携挙直前の私たちキリスト者の役割と、携挙後のイスラエル民族のようすについてのお分かちです。28分ほどです。

いつもご視聴くださり、ありがとう御座います。とても嬉しいです。




https://youtu.be/eRRXdoU4-vI









いつでも無料配本!モトイ・トクメイ著
「日本人に知らせたい聖書の終末論」







下記は無料のGoogle本です:

「ペットが死んで悲しむあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2KPKmGn

「死にたいあなたへ」:聖書が伝えるまじめな話
https://bit.ly/2RlA02y

「進化論が科学だと信じ切っているあなたへ」
https://bit.ly/2VVJxlF

「日本人に伝えたい聖書の終末論」
https://bit.ly/2JGqrsY

その他については下記でご覧いただけます:
モトイ・トクメイAmazon著者ページ:
https://amzn.to/2C6EDJM






下記に聖書箇所を載せます:

ローマ書11章25節から27節

:25 兄弟たち。私はあなたがたに、ぜひこの奥義を知っていていただきたい。それは、あなたがたが自分で自分を賢いと思うことがないようにするためです。その奥義とは、イスラエル人の一部がかたくなになったのは異邦人の完成のなる時までであり、
:26 こうして、イスラエルはみな救われる、ということです。こう書かれているとおりです。「救う者がシオンから出て、ヤコブから不敬虔を取り払う。
:27 これこそ、彼らに与えたわたしの契約である。それは、わたしが彼らの罪を取り除く時である。」


エゼキエル書37章1節から10節

:1 【主】の御手が私の上にあり、【主】の霊によって、私は連れ出され、谷間の真ん中に置かれた。そこには骨が満ちていた。
:2 主は私にその上をあちらこちらと行き巡らせた。なんと、その谷間には非常に多くの骨があり、ひどく干からびていた。
:3 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨は生き返ることができようか。」私は答えた。「神、主よ。あなたがご存じです。」
:4 主は私に仰せられた。「これらの骨に預言して言え。干からびた骨よ。【主】のことばを聞け。
:5 神である主はこれらの骨にこう仰せられる。見よ。わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。
:6 わたしがおまえたちに筋をつけ、肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが【主】であることを知ろう。」
:7 私は、命じられたように預言した。私が預言していると、音がした。なんと、大きなとどろき。すると、骨と骨とが互いにつながった。
:8 私が見ていると、なんと、その上に筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をすっかりおおった。しかし、その中に息はなかった。
:9 そのとき、主は仰せられた。「息に預言せよ。人の子よ。預言してその息に言え。神である主はこう仰せられる。息よ。四方から吹いて来い。この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。」
:10 私が命じられたとおりに預言すると、息が彼らの中に入った。そして彼らは生き返り、自分の足で立ち上がった。非常に多くの集団であった。


エゼキエル書37章11節から14節

:11 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨はイスラエルの全家である。ああ、彼らは、『私たちの骨は干からび、望みは消えうせ、私たちは断ち切られる』と言っている。
:12 それゆえ、預言して彼らに言え。神である主はこう仰せられる。わたしの民よ。見よ。わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓から引き上げて、イスラエルの地に連れて行く。
:13 わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが【主】であることを知ろう。
:14 わたしがまた、わたしの霊をあなたがたのうちに入れると、あなたがたは生き返る。わたしは、あなたがたをあなたがたの地に住みつかせる。このとき、あなたがたは、【主】であるわたしがこれを語り、これを成し遂げたことを知ろう。──【主】の御告げ──」


ゼパニヤ書2章1節から3節

:1 恥知らずの国民よ。こぞって集まれ、集まれ。
:2 昼間、吹き散らされるもみがらのように、あなたがたがならないうちに。【主】の燃える怒りが、まだあなたがたを襲わないうちに。【主】の怒りの日が、まだあなたがたを襲わないうちに。
:3 主の定めを行うこの国のすべてのへりくだる者よ。【主】を尋ね求めよ。義を求めよ。柔和を求めよ。そうすれば、【主】の怒りの日にかくまわれるかもしれない。


エゼキエル書20章33節から36節

:33 わたしは生きている、──神である主の御告げ──わたしは憤りを注ぎ、力強い手と伸ばした腕をもって、必ずあなたがたを治める。
:34 わたしは、力強い手と伸ばした腕、注ぎ出る憤りをもって、あなたがたを国々の民の中から連れ出し、その散らされている国々からあなたがたを集める。
:35 わたしはあなたがたを国々の民の荒野に連れて行き、そこで、顔と顔とを合わせて、あなたがたをさばく。
:36 わたしがあなたがたの先祖をエジプトの地の荒野でさばいたように、あなたがたをさばく。──神である主の御告げ──


ローマ書11章11節12節

:11 では、尋ねましょう。彼らがつまずいたのは倒れるためなのでしょうか。絶対にそんなことはありません。かえって、彼らの違反によって、救いが異邦人に及んだのです。それは、イスラエルにねたみを起こさせるためです。
:12 もし彼らの違反が世界の富となり、彼らの失敗が異邦人の富となるのなら、彼らの完成は、それ以上の、どんなにかすばらしいものを、もたらすことでしょう。


第1テサロニケ5章1節から3節

:1 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
:2 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
:3 人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。





神と人の本当の関係.WAV





 (「あなたが救われるためには?」:http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/114496759.html








posted by モトイ at 05:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 礼拝メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする